北尾吉孝日記


松下幸之助さんは御著書『リーダーを志す君へ―松下政経塾塾長講話録』の中で、次のように言われています――経営といい、政治といっても基本的には一緒だと思いますね。(中略)経営と政治というと、経営の一番大きなものが政治ですね、早く言えば(中略)。だから、経営者として立派な経営者は、立派な政治家になれるし、立派な政治家は、どんな複雑な企業体へいっても立派にちゃんとやっていけると思います。
之は、ある塾生が「私は将来、経営者を目ざしているのですが、塾長は、経営者と政治家の違いをどのようにお考えでしょうか」と問うたのに対し、松下さんが塾長として話された言葉の一部です。松下さんは政治と経営に「相共通性がある」と、こう述べられているのです。
では、米国次期大統領になるかもしれないトランプ氏が大政治家になり得るかとお尋ねしたら、松下さんはどう御答えになられるのか仮に生きておられたら少し伺ってみたいものです。
松下さんからして、そもそもトランプ氏というのは一流の経営者でない、と言われるかもしれません。しかし事実彼は、『米屈指の「不動産王」』と称される人物です。松下さんの御考えが正しいとしたら、トランプ氏に政治をやらせてみても、十分に出来るのではないかということにもなりましょう。
先月30日のブログ『オバマ大統領の功績を称える』でも指摘した通り、仮にトランプ氏が米国の次期大統領に就くとしたら、私は取り分け貿易政策や安保政策が激変するリスクを懸念します。米国の「孤立主義」の再来を思わせるような政策変化は、米国のみならず世界中の多くの国にとっても良い話ではないでしょう。
他方で戦後日本の政界をみるに、日本で大経営者と評された方がその後「立派な政治家」に成られた、といった類は余り聞かれません。そういう中でも例えば嘗て、「絹のハンカチ」と称されて首相候補にまで躍り上った、藤山愛一郎(1897年-1985年)さんという政治家がおられました。必ずしも大経営者とまでは言えませんが、当時の大企業の経営者でした。
彼は我国で「製糖王」と言われた藤山雷太(1863年-1938年)さんの長男で、岸信介内閣で外務大臣を務められ日本「最後の井戸塀政治家」とも呼ばれた品格のある人物でした。しかし、雷太さんの遺産を注ぎ込んで総理総裁に就かんとチャレンジし続け、結局はその夢叶わずでした。
但し、政治と経営に基本「相共通性がある」はある面で事実であると思います。しかし、それが100%当て嵌まるか否かに私は、クエッションマークです。




 

『若者らしく生きる』

2016年6月22日 17:45

雑誌『GOETHE』(16年6月号)に、『今の若者は「内向き」なのか』と題された村上龍さんの記事があります。私は、「今の若者」と一括りにして一種の現代若者のステレオタイプとして物申す気は毛頭なく、大体そうしてみても無意味だと考えています。
夫々の時代に若者が若者らしく生きたらば、それで良いのではないかと思います。彼らが時として向こう見ずな所があるは、若者であるが故許される特権であって、色々な事柄にどんどんチャレンジして行けば、それで良いのではと思っています。
私が若者達に常に在って欲しいと思うは孔子が言う通り、正に「後生畏(おそ)るべし。焉(いずく)んぞ来者の今に如(し)かざるを知らんや…後輩・後進というものは大いに畏敬しなければならない。後から来た者が、何で今の自分に及ばないと言えようか」(子罕第九の二十三)ということです。
そしてまた、仕事にしろ勉強にしろ吸収力・柔軟性に富む若い時に徹底的に知識等を必ず身に付けておく必要があります。「ゆとり教育」など、とんでもない話です。例えば『致知』(16年6月号)の中に連載「二十代をどう生きるか」として、「伸びる人は若い時に仕事漬けの日々を送っている」という道場六三郎さんの記事がありました。
どこまでも上を目指し、謙虚に素直に人の言うことを聞く。そして、どんなに辛いことがあっても、ここが踏ん張りどころと思い、逆境をも喜んで受け入れ、苦しいことから逃げない。決して諦めない。そこが一流と二流を分けるのです――道場さんは、こう述べられています。
之は今も昔も変わらず、全くその通りだと思います。言ってみれば大学を卒業して後、20代というのは基本的に勉強時間であり、与えられた仕事を迅速に「一気呵成」にこなして行かねばなりません。
森信三先生の言葉を借りて言うならば、「少しも仕事を溜めないで、あたかも流水の淀みなく流れるように、当面している仕事を次々と処理していく」のです。そういう日々の連続の中で鍛えられ行く過程を経ずして、終局大成することはありません。
原則としては「一気呵成」が事を成す秘訣だと言っても良いでしょう。若いうちから「一気呵成」を心掛けることにより、我々は人生においてより多くの有意義な時間をつくり出すことが出来るのです。
ちなみに上記『論語』の章句は、次のように続きます――四十五十にして聞こゆること無くんば、斯(こ)れ亦(また)畏るるに足らざるのみ。…一方、四十歳、五十歳になっても、何一つ評判が立たないような人は、畏れるには足らないよ。孔子はまた、「年(とし)四十にして悪(にく)まるるは、其れ終らんのみ」(陽貨第十七の二十六)とまで言っています。
人生80年とすれば、40歳は丁度折り返し地点に当たります。後半生を有意義なものにしたいのであれば、40歳迄は仕事を通じて必死になって自己を確立する必要があるわけです。私は嘗て『仕事との向き合い方~20代・30代・40代・50代~』(13年8月20日)と題したブログを書いたことがあります。御興味がある方は是非読んでみて下さい。




 

人は三つの恩義を受けて育つ。親と師と君である。それぞれの恩義は極まりないが、とりわけ他にまさるは親の恩である--ケネディ大統領も尊敬した米沢藩主の上杉鷹山公は、こう述べたと言われています。
あらゆる道徳の基本はに出発する、と『孝経』の中に書いてあります。親に対する恩は、それだけ深いものがあるわけです。私は嘗て『孝は百行の本』(14年11月27日)と題したブログを書いたことがあります。御興味がある方は是非読んでみて下さい。
昨年11月上梓したブログ本第8弾『自修自得す』の「はじめに」では、此のブログをピックアップして掲載すると共に、仏教の『父母恩重経(ぶもおんじゅうきょう)』のお釈迦様の御説法の一部を、現代語訳で御紹介しておきました。
お釈迦様は父母の恩徳につき、十種あるとされておられます。それを読まれたらば、父母の恩がどこまでも深く重く限りないものだ、と良く御分りになるでしょう。
このように「とりわけ他にまさるは親の恩」だと言われるわけですが、偶々この間私はある人の結婚の披露宴で「親子は一世(いっせ)」「夫婦は二世(にせ)」までを取り上げ話をしてきました。
国語辞書を見ますと夫々、「親子の関係は、この世だけのものであるということ」「夫婦の関係は、現世 だけでなく来世まで続くということ」と書かれています。
仏教では本来親子の縁は一世代、現世だけに関わっているものであるのに対し、夫婦の縁は現世と来世、あるいは前世と現世のどちらかに関わっているものだとされています。そういう意味では、国語辞典は正しくありません。
更にはもう一つ、実は「主従は三世(さんぜ)…主従の間柄には、現在だけでなく過去・未来にもわたる深い因縁があるものだということ」というのがあります。
君主との縁は極めて深いものだということで、ある種これは封建的な時代の産物かと思います。ですから敢えて私は上記結婚式では、夫婦二世までの話にとどめたわけです。
では、夫婦で別れたケースは如何に考えれば良いでしょうか。私の解釈として、どちらかと言うとそれは前世との因縁が強く、そしてまた再婚したらば、それは来世との因縁が強い人と結ばれたのだと考えています。
昔の封建時代には、君主との縁は三世とまで言われて極まりなく深いものと考えられていたのに対し、親子のそれは現世だけのものとして寧ろ最も限られた中で考えられていたのです。縁ということだけで見れば、親子の縁が一番強いというわけではありません。しかし道徳の基にたるものが何かと言えば、その親子の関係から醸成され行くものであります。孝の気持ちを持つことは、非常に大事なことなのです。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.