北尾吉孝日記


SBクリエイティブ株式会社から『これから仮想通貨の大躍進が始まる!』という本を上梓しました。明日7日より全国書店にて発売が開始されます。
今、金融の世界が大きく変わろうとしています。「仮想通貨」「ブロックチェーン」「フィンテック」――近年、このような新しいキーワードが続々と登場し、「キャッシュレス社会の到来」や「銀行の消滅」といったことが現実味を持って語られるようになっています。
もはや、現金以外の支払手段は、クレジットカードや電子マネーだけではありません。コンビニエンスストアでは、QRコードやスマートフォンを使ったもの等、様々な支払手段が次々と登場しています。振込や入金に加え、様々な金融商品への投資が手軽にスマートフォンで可能になる一方、銀行の支店やATMの減少が目立っています。金融業界に携わっている人だけではなく、一般の方々も金融の世界が変わりつつあることを肌で感じていることでしょう。
そして、もう1つ、本書を手に取って下さる皆さんが、気になっているものがあると思います。「仮想通貨」です。2017年、仮想通貨の代名詞である「ビットコイン」の価格が、1年間で20倍以上も上昇しました。ところが、同年12月下旬に、今度はビットコインの価格が急落し、「ビットコインのバブルが弾けた」「仮想通貨は終わった」という見方が世の中で多数を占めるようになりました。そうした見方は、本当に正しいのでしょうか?
私は1999年にSBIグループを立ち上げて以降、オンライン金融の最前線で金融サービスを提供してきました。フィンテックやブロックチェーンが登場してからは、積極的にSBIグループへの導入を継続しています。その結果、例えば、国内の有力な多くの金融機関と共にSBIリップルアジアが事務局となり「内外為替一元化コンソーシアム」を立ち上げて、世界の金融機関の先頭に立って、国際送金の仕組を抜本的に改革することを目指しています。
また、2018年に入って、国内初となる仮想通貨を含む決済用コインのオープンプラットフォーム「Sコインプラットフォーム」を構築すると共に、新たに仮想通貨の取引所を開設しました。これまで積み重ねてきた金融サービスや、最先端技術の導入によって培ってきた知見を基に、これから金融の世界がどう変わって行くのかについて、私なりにイメージはできています。
ごくシンプルに言いましょう――これから金融の世界では、仮想通貨とその基盤技術であるブロックチェーンによる“革命的”な変化が起きます。それに伴い、私達の日常生活も劇的に変わるでしょう。
実は、社会のキャッシュレス化や銀行消滅の可能性と、仮想通貨の動向とは全て繋がっています。仮想通貨は“終わる”ことなく、徐々に市民権を得て行くでしょう。それには、機関投資家の本格的な参入や実用化に向けた国際的な取り組みの加速、国内では統一的な業界ルールの確立といった幾つかの条件が揃うことが前提となりますが、時間の問題です。
大事なことは、仮想通貨を支えるブロックチェーンは、様々な分野で応用され、個人と個人、あるいは個人と企業が直接「価値の交換」ができる社会を実現すると予想できることです。その時は、恐らく銀行や証券会社といった金融機関だけでなく、現在インターネット上でプラットフォームを提供している会社等、価値の交換を仲介している旧態依然とした会社はなくなっているかもしれません。
仮想通貨による革命は、それ程のインパクトを持っているのです。現在、金融の世界で起きている変化は、そうした将来の大変化への第一歩です。1990年代、インターネットが普及するにつれ、多くの人が大きな技術革新の波が起きつつあることを実感したと思います。もしかすると、仮想通貨とブロックチェーンが起こす技術革新の波は、インターネットよりも大きいものになる可能性を秘めています。
様々なフィンテックサービスが登場し始めた2010年代初頭は、経済の景気循環で言う所の「コンドラチェフ・サイクル」のスタートに該当しています。コンドラチェフ・サイクルとは、景気循環の中で最も長期の波動であり、約50〜60年毎に訪れるとされています。他のより短い景気循環は、設備投資や建設投資によって起きるとされますが、コンドラチェフ・サイクルは、技術革新が主因となって起きると言われています。
フィンテックとは幅広い概念で、ブロックチェーンだけでなく、ビッグデータやAI(人工知能)、ロボアドバイザー、IoT(モノのインターネット化)といった、夫々が大きな可能性を秘めたテクノロジーも活用されています。それがブロックチェーンと結合して、革命的なサービスを生み出し得るのです。そうした革命の1つの終着点は、仮想通貨が世界通貨として世界中を流通することだと考えています。
私にとってビットコインの最大の功績は、どの国にも管理されない通貨が、基軸通貨、即ち「世界通貨」として存在し得る可能性を感じさせてくれたことです。できれば、私の目で、そうした世界を見たいと願っています。インターネットが登場して、約30年で世界はここまで変わりました。私の願望は、そう無理からぬことではないでしょう。




 

『ポスト安倍を考える』

2018年10月31日 15:05

一昨日、ドイツのメルケル首相はキリスト教民主同盟(CDU)の党首再選を目指さない意向を明らかにし、21年秋の任期満了で以て首相職を退くとの考えを表明しました。曰く、「(党首退任を)決断したのは(夏の)休暇だ。(今回のヘッセン州議会選挙の敗北で)発表するのを1週間早めた」とのことです。政権のレームダック化が指摘される中ポストメルケルを巡る動きが本格化し、混沌たる政治情勢下「メルケル首相の任期前退任の可能性も囁かれている」ようです。
翻って日本の政局を見るに、例えば八幡和郎さんなどは先月初旬「いつか来るポスト安倍時代の首相像はかくあるべし」と題し、次の7点を条件として挙げられていました--①高い知的能力と専門的知見、②重要閣僚ポストなどの経験、③本格的な国際経験と語学力、④優秀なブレーン集団をあらかじめ持つ、⑤国民に対する誠実な対応と説明能力、⑥タフな肉体と精神、⑦個人的なスキャンダルをあらかじめ整理すべし
先ずポスト安倍と言った場合に、21年9月迄の自民党総裁任期を全うしないで辞めるケースと、全うして次の誰かに代わるケースが考えられます。前者では、来春の統一地方選挙および来夏の参議院議員選挙、取り分け参院選で大敗を喫するようなことがあれば、安倍政権が早期退陣を迫られる状況も生じてくるかもしれません。
あるいは、『安倍晋三「任期3年」を蝕む難病進行「最悪の事態」』(18年10月9日)といったような噂も絶えず流れています。私見を申し上げれば、体調不良に陥っている人が、あれだけの激務を熟すのは不可能だと思われ、此の類は全てフェイクニュースだろうと思います。但し、万万一仮にそういう状況が生じるとしたら、やはり菅義偉官房長官が後継首相となるべきでしょう。それは、これまで安倍政権を支えてきた者の責任だと思うものです。
次に、上記任期を全う出来たケースはどうでしょうか。今月も「ポスト安倍レース、6人の混戦模様でスタート」(18年10月13日)等の記事や、「ポスト安倍は進次郎氏、石破氏に集中」(18年10月15日)といった世論調査の結果が出ていましたが、色々な候補者が挙げられる中で今後様々な局面を経、次第に頭角を現して行くことになるでしょう。
あるいは、此の3年の間に今下馬評に上っていない人が浮上してくることも考えられます。政治の世界とは一寸先は闇とずっと言われているわけで、もしそうだとしたら今3年後の日本の指導者を誰にするかをトピックにするは“too early”ですし、ひょっとしたら大きな間違いを犯す可能性があるのではと思います。個人的には、ポスト安倍は今俎上に載せられた人ではないかもしれない、という気がしています。




 

『心眼を開く』

2018年10月25日 17:55

株式会社経済界より『心眼を開く』という本を上梓しました。明日26日より全国書店にて発売が開始されます。
本書は「北尾吉孝日記」を再構成したもので、2008年9月に上梓した第1巻『時局を洞察する』から数えて11巻目に当たります。
此の日記自体は、2007年4月12日よりツイッター的な形で執筆し始めており、内容も様々な分野に拡大しています。
今回は、本書のタイトルを『心眼を開く』としました。心眼とは辞書的に言えば、物事の真の姿をはっきり見抜く心の働きということです。私流に心眼を解釈すると、此の心眼には二つの大きな働きがあると考えています。
一つは自己すなわち自分自身の本当の姿を見るということです。之は、中国古典で言う「自得(じとく)」に通ずることです。仏教で言えば、自己の根源的な本性を徹見する「見性(けんしょう)」に繋がる心の働きです。
もう一つの心眼の働きは、自己以外の他を見ることです。夏目漱石の『吾輩は猫である』の中に「彼の腹の中のいきさつが手に取る様に吾輩の心眼に映ずる」とありますが、此の働きは相手の心を読むということです。
此の二つ目の心眼は一つ目の自得がある程度出来るようでなければ、他人の心あるいは様々な物事の真の姿などはっきりと見られるわけがないでしょう。
物事の本質を見抜くためには、五感すなわち我々の目、耳、鼻、舌、皮膚の五官を通じて得られる感覚を超えて見えない事物を見たり出来るように、此の心眼を養うべく修行をしなければならないということでしょう。
さもないと自分の天命(…天から与えられた使命)を果たせないばかりか、曲学阿世(きょくがくあせい)の徒や詐欺師に溢れかえった現世を正しく安寧に生き抜くことは難しいのではないでしょうか。
私の拙書をお読みになり、もし得るところがあれば、血肉化し、皆様方の実際の日常生活の中でそれが行動に移されるようになれば、私として望外の喜びです。本書が読者の皆様の日々の修養の一助となれば、幸甚であります。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.