北尾吉孝日記


訪日外国人観光客数が「年に一〇〇万人足らず」だった40年程前、松下幸之助さんは「日本にある無限の資源とは」と題した記事の中で、21世紀には「日本に年に一〇〇〇万人の観光客に来てもらうことは、私はやり方次第で可能だと思います。(中略)二十一世紀の日本はそのようないわば“観光立国”をしていくのだという国家的な目標をはっきりもつことですね」と述べておられたようです。
しかしながら松下さんの思い虚しく、その後も訪日客数は伸び悩み21世紀に入り10年を経ても尚、中々1000万人には届かぬ状況が続いてきました。そうした中、5年9ヶ月前に上梓した拙著『日本人の底力』(PHP研究所)で私は、観光産業振興施策として政府は、①観光ビザの取得を容易にする、②出入国者数の大幅増加に備え入管や税関の体制整備をする、③様々な言語の通訳を養成する、④一定のグローバル・スタンダードに準拠した公的な宿泊施設を整備する、等々を早々やるべきだと書きました。
あるいは、地方自治体としても観光客の地方経済に対するインパクトを十分認識し、地方の観光資源の開発(例えばスキー施設)や温泉開発、地域の食材を使った料理の工夫等々、地域住民挙げて行うべきだと書いたわけですが、此の間安倍晋三首相や菅義偉官房長官が当該分野における針路を示し様々な規制を打ち破って行く中で、上記のような各チャネルでの改善努力の継続が見られました。
結果、一昨年に比して伸び率(前年比47.1%増)は劣るものの、昨年「日本を訪れた外国人旅行者数は推計で前年比22%増の2403万9000人だった」ということで、此の5年で見ると一貫して増加基調を辿り為替要因も相俟って一気に約4倍の規模にまで拡大しました。オリンピックイヤーの「2020年に4000万人」という政府目標の達成に向け、そしてまた、15年7~9月期をピークに頭打ちとなっている訪日外国人旅行消費額の増加に向け、引き続き政府・地方自治体を中心にオールジャパンで知恵を絞って行かねばならないと思う次第です。
それから最後にもう一つ、これだけ四季に恵まれ折々の旬の食材があり風光明媚な日本を観光立国して行くのに併せて、やはり国際都市になるべく非常に大事な要素として我国に永住者を増やして行くことも積極推進して行かねばなりません。日本という国には1000人当たり8人程度しか「永住外国人」がおらず(2015年末時点)、何時まで経っても先進諸国では考えられないほど極めて少ない状況に何ら変化が見られません。
経済成長率の基盤というのは、人口増加率と生産性上昇率です。人口減少時代を迎えている日本は、その意味においても今日より格段にフレキシブルな移民政策を認め行く方向にならざるを得ないと思います。勿論、世界的に今移民というものに大変センシティブですから、之は随分難しい取り組みではありましょう。しかし私は予てより主張し続けている通り、やはり我が国も少なくとも他の先進国並みに選択的に移民政策を図るべきで、長期に亘り日本で生活して貰うことには大きな意義ありと考えています。




 

『言葉短く、人に響く』

2017年1月11日 15:25

『企業家倶楽部』2016年6月号に、「ルールや制限のあるお蔭で個性が生み出される/文字職人 杉浦誠司」という記事がありました。
国語辞書を見ますと、個性とは「個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。個人性。パーソナリティー」と書かれていますが、私は制限やルールとその人の文中に表れる個性とは本来無関係であるように思います。
つまり文字で述べるとすれば、長々した文中にその人の「魅力、アイデア、個性が生み出され、発揮される」ケースもありましょう。
尤も、短い中にツボを押さえ出来るだけ人に訴えるものを作文しようとしますと、大変な推敲のエネルギーが必要で文章力等を練ることは出来ますが、之は個性というものとは違う話だと思います。
字数制限が無い場合だらだらと書いてしまい、時として本質的なものを抜かしてしまったり、ピンぼけになってしまうことは多々あります。そういう意味では最も凝縮された形が、例えば俳句というものでしょう。
五・七・五という3句17音の枠内で如何にエッセンスだけを抽出し季節感も入れて、その人のその時得た状況をビビッドなものとして感情移入して行くかが問われるわけで、表現力等を磨くには持って来いと言えましょう。
あるいは、片言隻句という「ほんのちょっとした言葉」がありますが、例えば「光陰矢の如し」と一言聞いただけで、「時間が如何に大切であるか」とか「時間が如何に早く過ぎ去るものか」といったこと全てが、パッと頭の中に浮かんできます。
昔から私は、読んだ本から心に残った部分をノートに書き出すようにしてきました。そうした言葉は長いものでなく大抵は片言隻句ですが、短い言葉だからこそしっかり頭に残ります。そして日々の様々な体験の中で、それらの言葉を頭の中で反芻(はんすう)したり、実際ノートを見返したりして日々の糧としてきました。
その秘蔵ノートから片言隻句の幾つかを紹介したのが、拙著『逆境を生き抜く名経営者、先哲の箴言』です。孔子の珠玉の言でもそうですが、言葉短く人に響くものであることが非常に大事だと思います。
俳句や片言隻句には最終的には、それを発する人の人世観や死生観までが表れるものであり、個性というよりその人の人物そのものだと思います。




 

『年頭所感』

2017年1月4日 11:25

新年明けましておめでとう御座います。
正月三ヶ日とも全国的に天候に恵まれ良かったですね。

さて、吉例に従い今年の年相を干支で見ましょう。
今年は、丁酉(ていゆう、ひのととり)です。
最初に、古代中国の自然哲学である五行説(ごぎょうせつ)で見ましょう。五行で見ると丁は陰の火の性を持ちます。他方、酉は陰の金の性質を有します。この二つの性質すなわち火性と金性の相互作用は火が金を溶かすことから、相剋(そうこく)と呼ばれるものです。つまり相敵対する関係があります。こうした相剋は上下で矛盾を孕(はら)んでおり、順調ではないことを意味します。
このことを念頭に置いていただき、丁酉それぞれの字義について詳説致しましょう。
先ず「丁」ですが、丁は前年の陽気すなわち活力がまだ続いていることを表わしており、中国古典の『説文』によると「夏時草木の繁茂を示す」とか「万物の丁壮なる意」と説かれています。丁壮は壮年の男子の意で働き盛りの年を指しています。従って丁は勢い、盛んな状態を言います。ただ「丁は亭(停)なり、亭(停)はなお止まるが如きなり」とも記されており、これまでの進歩、成長のテンポが弱まる年とされています。ですから、「丁」は盛んという意味と同時に、やや盛りを過ぎて末期に向かいつつあるということを表わしていると言えます。
さらに、『丁』は「一」と「亅」とから出来ており、「一」は従来勢力を表わし、下部の「亅」は在来の勢力に対抗する新しい動きを示しています。つまり、新旧両勢力の衝突が示唆されているのです。
次に酉の字義について見ましょう。酉は、酒がめ、あるいは酒壺を指し、中に溜まっている麹(こうじ)の発酵を表わす象形文字です。従って、熟する・老いる・成る・飽くといった意があります。中に醸(かも)されている新しい勢力が成熟の極みに達し、爆発寸前となっている様子です。
以上の「丁」「酉」それぞれの字義を統合しますと、丁酉の年には新しい動きや革命が起こりやすい年と言えましょう。これまでの在来勢力の発展がピークに達する一方で、それが弱ければ酉によって醸された新勢力が突き上げ、破壊することもありえます。正に丁酉は機が熟し、革命を予兆しているのです。
次に丁酉の年にどんな事があったか日本の史実から特徴的なものを拾ってみましょう。
・五四〇年前(一四七七年)、十一年も続いた応仁の乱が終結し、戦国時代の幕開け
・四二〇年前(一五九七年)、秀吉朝鮮再出兵(丁酉倭乱)
・三六〇年前(一六五七年)、明暦の江戸大火(江戸城本丸・二ノ丸焼失)
・二四〇年前(一七七七年)、三原山大噴火
・一八〇年前(一八三七年)、大塩平八郎の乱
・一二〇年前(一八九七年)、足尾銅山に対し鉱毒除防工事命令。足尾銅山に関する第一回鉱毒調査会が組織される。
・一二〇年前(一八九七年)、日本で貨幣法が成立し、金本位法が採用される。日本も独立国家としての体面が整った年。

六〇年前の一九五七年には丁酉を象徴するような出来事がたくさんありました。
・日本の南極越冬隊が南極大陸初上陸
・日本初の女性週刊誌「週刊女性」が創刊
・名古屋に日本初の地下街「名駅地下街サンロード」が開業
・ソニーの前身である東京通信工業が世界最小のトランジスタラジオを発売
・第五北川丸沈没事故。死者・行方不明一一三名
・コカ・コーラ、日本での販売開始
・有楽町にそごうが開店
・東京都の人口がロンドンを抜き世界一となる
・一九五四年から続いた神武景気が七月には急速に冷え込み、一転しなべ底不況となった
・諫早豪雨。死者・行方不明九九二名
・三原山噴火
・東海村で「原子の火」がともる
・日本初の国産ロケットの発射に成功
・大阪にダイエー第一号店が開店
・初の五千円紙幣、百円硬貨が発行
・長嶋選手の巨人軍入団決まる
・トヨタがアメリカへの自動車の輸出を開始
・日米共同声明で日米新時代を強調。共同声明中に日米安保委員会の設置が盛り込まれた。
・国連安保理事会非常任理事国に当選
・日ソ通商条約調印。

海外の丁酉の年(一九五七年)の史実も見てみましょう。
・イギリスが初の水爆実験を行う。
・マレーシアがイギリスから独立
・ソ連ウラルで大規模な原子力事故が発生
・ソ連が世界初の人工衛星スプートニク一号の打ち上げに成功
・イギリスでウィンズケール原子炉火災事故が起こる。

さて、こうして丁酉の年の五行、字義、史実を見てきますと、今年の年相が浮かび上がってきます。
第一に、火と金の相剋関係が二年連続しており、景気も相場も乱高下が続きそうです。前年に起きた英国のブレグジットやトランプの大統領選での勝利といった大波乱はじわじわと世界中に影響を及ぼすと考えられます。本年ヨーロッパで行われる三月のオランダの議会選挙、四・五月のフランスでの大統領選挙及び六月の国民議会選挙、九月のドイツ連邦議会選挙等々があり、いずれの国でも反EU勢力の躍進が続いており選挙の結果次第ではEU崩壊に繋がりかねません。中国でも五年に一度の中国共産党大会が開かれます。最高指導部のポストを巡る権力争いも激しさを増しています。トランプのアメリカファーストの主張もやがて他の国も引き込み、他国がどうなろうと自国の利益を優先という形になって行きましょう。米中の貿易・為替面を中心とした経済的緊張が軍事的緊張の高まりに移行しなければと思います。こうした政治的事象に経済が振り回されそうです。正に「申酉騒ぐ」でしょう。
第二に、六〇年前の丁酉の年の史実でも明らかなように科学技術が飛躍的に進歩します。原子力や人工衛星のように軍事的用途として研究されてきたものもありますが、多くは結果として平和利用を目指した科学的探究の成果として結実しました。
今年も恐らく多くの科学技術が進化して行きます。経済学の中にコンドラチェフ循環と呼ばれる技術革新を主因とする五十~六十年周期の好不況の経済循環があります。日本の場合は二〇一〇年頃に一サイクルの終わりを迎えたか終わりに近づいたと考えられます。従って現在はこの次のサイクルがスタートしてきています。このサイクルでの主要な技術は、AI(人工知能)、IoT(あらゆるモノがインターネットに繋がれること)、ビッグデータ、ロボティクス、ブロックチェーン等々です。
今年はこうした技術が様々な産業で実用化される最初の年になりましょう。我々の金融界でもフィンテックという言葉が広く使用され、各社が先陣争いをして、その技術の導入に尽力しています。こうした新しい技術の他にもガンの免疫療法やiPS細胞を使った治療なども大きく前進して行きそうです。
第三に、丁は陰の火性ですから、大きな戦争よりも火災やテロによる爆発、噴火・地震が頻発しそうです。また、九星気学では本年は一白水星であり、水害も気になります。

最後に本年の年相を踏まえ、我々SBIグループがどう対処すべきかを述べて置きます。
今年は一つの時代が終わり、次の新しい段階に入るという転換期です。我々はこの岐路で正しい選択をし、更なる進化を遂げなければなりません。その為に第一に、転換期は混乱の時代であり、困難な時代であるが、こういう時程、フィンテック革命の覇者になるというグループの共通した強い意思を堅持し、時代の潮流に乗ることが必要です。
第二に、これからの株・債券・為替・金利の乱高下を勝機と捉え、よりグローバルにそしてスマートに対処し、アービトラージを縦横無尽に駆使し収益化に努めなければなりません。
第三に、新たな事業の取り組みには、本年は慎重でなければなりません。一時の熱狂ではなく常に冷静に新たな動きを観察し、大局的・長期的な視野でグループ内外の英知を結集して戦略を立てて行かなければなりません。

以上宜しく御願い致します。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.