北尾吉孝日記

『人相というもの』

2018年2月19日 15:35

定期購読誌『ハルメク』2018年2月号の連載記事「村木厚子 毎日はじめまして」は、「政治家と顔」と題されたものでした。御承知のように、元厚生労働事務次官の村木さんは、所謂「障害者郵便制度悪用事件」で「冤罪」を被られた方です。彼女は同世代人に対し、当該記事の結語として「私たちの厳しい目、考え抜いた一票で、若い人たちと共にいい顔をした政治家を育てませんか」と書かれていました。
「顔にはすべてが表れる」とはよく言われますが、一概に顔でどうこうと人物を推し量るは難しくまた危険だと思います。孔子でさえ澹台滅明(たんだいめつめい)が入門して来た時、余りにも容貌が醜かった為「大した男ではなかろう」と思っていたら、実は大人物であったという失敗談が『論語』にもある位です。ちなみに澹台滅明は、同じく孔子の弟子である子游(しゆう)が武城という国の長官となった時、部下として取り立てられ、その公平さを賞賛されています。
尤も、人間、顔であらわれる部分も勿論あると思います。例えば、エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)も「四十を超えたら、自分の顔に責任を持て」という言葉を残しています。知人がリンカーンの所にやって来て、「この人をあなたの下で働かせてくれないか」と、ある人物の紹介をしました。彼にとってその知人は恩人とも言える人でしたが、結局その依頼を断ったのです。その理由は、「彼は顔が悪い」というものでした。
あるいは、あのナポレオン・ボナパルトを失脚させたアーサー・ウェルズリー (初代ウェリントン公爵)もリンカーン同様、やはり顔に一面出て来るその人間の品性、生き方や考え方を見て人を判断していました。その典型が言ってみれば人相学というものに繋がっていて、中国でも長年に亘り人相というものを大事にしてきています。
昔し、小生のことを可愛がってくれた啓功さんは、若き日に此の人相学を研究されていました。啓功さんは、正に世が世なら皇帝になっていた家柄(愛新覚羅)の直系です。中国の書法家協会の名誉主席を長らく務められ、中国でも非常に尊敬される大書道家であります。また、此の方が本物だと言えば本物になる位、骨董品等の鑑定では大変な眼力の持ち主でした。
その啓功さんと初めて御会いした時、どういう訳か私の人相を気に入って下さり、私の顔を見て「あなたは、気宇壮大だ」と言って下さりました。気宇壮大(きうそうだい)とは、「心意気がよく度量の広いこと。構想などが大きく立派であること。また、そのさま」といった意味になります。私は北京を訪問する時に都合がつけば啓功さんを北京師範大学に訪ね、その御縁を大切にしていました。




 

2年前の3月、民主党より改称し結成された民進党は先の衆院選を巡り分裂し、引退・不出馬を除く同党出身者81人は、希望の党、立憲民主党、無所属からそれぞれ立候補。立憲が比例復活も含めて全員当選を果たす一方、希望は閣僚経験者ら幹部クラスが相次ぎ落選するという結果になりました。
それから後、例えば最近でも「民進・希望の統一会派合意が白紙 通常国会は別々で」(18年1月17日)とか、「希望、正式に分党 松沢成文氏が5人のリスト提出」(18年2月7日)とかと、今日に至っても未だ混乱続きの状況です。
結局あの分裂が一体何であったかと総括するなら、野党の更なる弱体化および与党とりわけ自民党の一層の強化に繋がったというだけのことではないでしょうか。基本的に強い・弱いとは相対的なものですから、片一方が全く御話にならねば片一方が際立って強く見えるのは当たり前です。
政治というのは中国古典流に言えば、三つの要素に分かれます。一つは政治の政に道と書く「政道」というもので、之は正に政治の根本中の根本であり、その国の君主なり皇帝なりが行う政治の哲学思想に関わる最も根本的な部分です。
そして政道の次は「政略」というもので、その政道を踏まえ活用しながら如何に具現化・具体化して行くかを政略と言います。之は事務を要する仕事に繋がるわけで、昔から事務をする主体が官僚であり、彼等により行われるのが「政策」というものです。
これからも野党はまた烏合集散して行くのだと思いますが、一番大事なことは近視眼的な党利党略で物事を決めて行くのを先ずは止め、正に政道・政略を踏まえた政治を実現して行くことであります。百年の計と迄は行かずとも、今後30~40年を見、此の国の正しい政治の在り方を先ずは作り上げるのです。
そしてそれに基づいて政策を決めて行かねばならないわけで、筋の通らぬ思い付きの訳の分からぬ政策を幾ら示したところで、国民の大多数は今後も野党を相手にしないのではないでしょうか。




 

『人に優しくなれる人』

2018年2月2日 17:05

「なぜ経験を重ねると、人に優しくなれるのか」(17年12月7日)と題されたブログ記事で筆者は、「お互いさまの精神は、多くのことを経験した人ほど持っているものだと思う。(中略)年月とともに経験は増えていくという意味で、年齢を重ねるほど大人になるというのは間違いではない」と述べられています。
そしてそれに続けては、「だが、何歳になっても優しさが身に付かない人もいる。それは性格の問題ではなく、経験の問題、つまりどんな人生を歩んできたかということなのかもしれない」と言われているのですが、率直に申し上げて私には余りピンとこない言葉に感じられます。数多の貴重な経験を悉く重ねたとしても、人に優しくなれる人となれない人が当然ながら在りましょう。
歳と共に人に優しくなれるかもしれない人とは、「楽天知命…天を楽しみ命を知る、故に憂えず」(『易経』)の境地とまで行かずとも、ある種自分自身の置かれている立場や自分の能力といったものが大方分かってき、周りの人全てに感謝の念を抱きながら、多くの人のために生きて行こうという姿勢を強めて行く人だと思います。
他方、歳と共に名誉欲や権力欲の類が強まって行くような人も之またいるわけで、そういう策謀を様々に巡らせて良からぬことばかりを考える強欲な人、即ち「外見ニコニコ・腹の中真っ黒け」の人は優しくなれないでしょう。人に優しくなれるか否かは基本、私利私欲を如何にコントロール出来るようなっているか、そこに尽きるのだと思っています。
「爾曹(なんぢがともがら)但(ただ)常に人を責むるの心を以て己を責め、己を恕するの心もて人を恕せば、聖賢の地位に到らざるを患(うれ)へず」とは、『小学』にある范忠宣公(はんちゅうせんこう)の戒めの言葉です。ある種の性かもしれませんが人間というのは常に、自分を責めるに寛大過ぎて自分を褒めるに寛容過ぎる、といったところが有り勝ちです。本来、己に厳しく人にある意味優しくするのが、正しい生き方であります。「聖賢」と呼ばれるような人物は、人を利するところまで行くわけです。之はもう修養を積む以外なき道だと私は思います。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.