北尾吉孝日記


第34代米国大統領のドワイト・D・アイゼンハワー曰く、「リーダーシップの究極の資質が誠実さであることには疑問の余地がない。それがなければ、鉄道の保線区班であろうと、フットボール・フィールドや軍隊、オフィスのいずれにおいても真の成功はあり得ない」とのことです。
とは換言すれば、信と義を併せたものと言えなくもありません。私は之が如何に大事かを、これ迄も当ブログ等で幾度となく指摘してきました。それは、人生を成功に導く上で非常に大事だと思うからです。例えば『中庸』では、「誠は天の道なり。之を誠にするは、人の道なり」と厳(おごそ)かに説かれています。また『孟子』には、「至誠(しせい)にして動かざる者は未だこれあらざるなり」とか、「至誠天に通ず…真心を大切にして誠実に事を実行すれば、その気持ちが天に通じ、よい結果が得られる」とかとあります。
新渡戸稲造博士曰く、至誠とは「広びろとして深厚であり、しかも、はるかな未来にわたって限りがない性質をもっている。そして意識的に動かすことなく相手を変化させ、また意識的に働きかけることなく、みずから目的を達成する力をもっている」ということで、独りを慎み、即ち睹(み)ず聞かざる所に戒慎することが、己に克つ具体的修練の方法であり、それにより私心を無くし、の域に達することが出来るようになります(西郷隆盛著『南洲翁遺訓』)。
上記の如くアイゼンハワーの言も正にその通りだと思われ、「リーダーシップの究極の資質が誠実さであることには疑問の余地がない」ものですが、私見を申せば品性というものの中に誠実さというのは含まれているのだろうと思います。一年程前の『指導者の条件』と題した私のブログの中で、次の通り述べました――「経営者が為さねばならぬことは学ぶことが出来る。しかし経営者が学び得ないが、どうしても身につけなければならない資質がある。それは天才的な才能ではなくて、実はその人の品性なのである」とは、ドラッカーの言葉です。之は経営者に限った話ではありません。指導者が、ある意味どうしても身に付けねばならないものが此の品性なのです。
御先祖様から脈々と受け継いできている「血」、どのような環境の中で育ってきたかという「育ち」、そして「学問修養」が人間を形成する三要素です。「血」や「育ち」を変えるのは大変難しいことですが、「学問修養」によっては変えることも可能となり、そしてまた、自分の品性を高めて行くことが出来るようになります。森信三先生も人間としての品性を高位に保つことは「人間の修養上、最大の難物」と述べておられる通り、非常に難しく、だからこそ平生の心掛けを大事にすると共に、必死になって学問修養をして行かねば、品性は決して磨かれ得ないものです。様々な事柄の結晶がそこに凝縮され結果として、品性ということで全人格的に集約されるのだと思います。リーダーシップの究極の資質が、誠実さを包含する品性であることには疑問の余地がありません。
最後にもう一つ、福沢諭吉の言葉に「独立自尊」が有名です。独立とは「自らの頭で考え判断するための知力を備えることにより、精神的に自立する」ということで、自尊とは「自らの品格を保つということ」です。自らに対する矜持(確かな自信があっての誇り)を持てない人は、修養が足りないと言わざるを得ません。指導者が何の矜持も持たずして、その重責を担うものではありません。




 

昨日「ワクチン接種2回完了、人口の5割超に 高齢者9割迫る」というニュースがありました。私どもSBIグループでは6月21日より、約12000名への接種に取り組み、2回目辞退者が135名おりましたが、ほぼ予定通りやり遂げました。
その後、2週間以上経過した2回目完了者3998名に対し、抗体検査を実施しました。陰性者131名(男89名、女42名)と、3.28%(男3.44%、女2.97%)が抗体獲得に失敗していました。此の陰性者の出現比率3.28%は、接種後の経過期間が長い程また年代が上がるに連れて増加傾向にありました。
あるいは、一度コロナに罹った人はワクチン接種の1回目で、感染歴なしの2回目完了者以上に極めて強い抗体が確認されました。その他上記詳細等は、添付スライドを御確認頂ければと思います。
本分析を巡る結論としては、第一に、抗体検査の陰性者に対し3回目のワクチン接種を行う必要があるのではないかということです。それでも抗体が出来なければ、その人はコロナウイルスに対して体質的に強い人かもしれません。第二に、抗体レベルは漸減することから、3回目接種の必要性を改めて認識しました。
第三に、ワクチンを打つ前に抗原検査も行うべきとの印象を持っています。無症状だからと打ったらばコロナに既に罹っていたということで、ワクチンを打つことで却って重症化する可能性があると認識しているからです。従って今後は問診のみならず、やはり抗原検査も実施すべきだと考えます。
以上は、私どもSBIグループの関連病院である東京国際クリニックの高橋院長らの御協力を得て作成したものです。情報という意味で何かの御参考になれば幸甚です。




 

この度菅総理は小生が察するに余りある苦渋のご決断をされたように拝察しています。
菅総理は、歴代総理の中で最も仕事師であると言っても過言でなく、総理になられて直ぐ学術会議の改革に向けた動きから始まり、前内閣から積み残しとなり誰もが手を付けられなかった福島第1原発の処理水の海洋放出の決定、あるいは日本のITの遅れを取り戻すためのデジタル庁の創設、そしてこのコロナ禍でのオリンピック・パラリンピックの遂行、その他に50年脱炭素目標の表明、携帯料金値下げに向けた「アクション・プラン」の公表、不妊治療への保険適用拡大の閣議決定、気候変動サミットでの30年目標の表明と、一年という短い期間に実に数多くの重要な政策案件を手がけられ、どれひとつとっても簡単ではないご決断をされてこられました。総理在任期間は短いですが、仕事は極めて重要かつ大なるものであると考えています。
新型コロナの対応は、後手後手とマスコミは煽っていましたが、状況を知る者はそのようには考えておりませんでした。ワクチン接種が先進諸国に比べて2か月遅れたのは、政府のディシジョンの遅れというよりも、我が国の薬やワクチンの承認制度の問題であり、また、安倍前内閣から引き継いだ指定感染症二類の枠の中で行わなければならないという桎梏(しっこく)をはめられたわけですから、誰がやっても大変で難しい仕事だったと思います。しかし、その中で総理のリーダーシップのもとワクチン接種率は急激に高まり、欧米先進国並みの状況へと突き進んでいます。マスコミがコミュニケーション不足とか自分の言葉で説明しないとか盛んに批判しておりますが、小生は「巧言令色」より「剛毅木訥」が余程良いと思います。
数々の成果を上げてこられた総理がこのような結果になったことは小生として大変残念ですが、しかし菅総理がおやりになったことは、心ある人の記憶に深く残ることだと思います。コロナ禍で様々な問題点が浮き彫りになり、今後はこれら問題点を是正するような方向で次の総理の下で、動いていくことを期待します。
今回のことで小生がたったひとつ良かったと思うことは、菅さんが総理をお続けになられていたら健康を害することにならないかと心配していましたので、総理の仕事から解放され、次に向かって英気を養われるそのような時間ができるということであります。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.