北尾吉孝日記


先週閉会した第201通常国会を経て、安倍晋三内閣に対する国民のサポートは大きく低下しました。各社世論調査では揃って低迷を続けており、緊急事態宣言の全面解除直前のもので支持率27%・不支持率64%(毎日新聞)というのまでありました。また18日公開された「文春オンライン6月調査」の結果を見ても、支持率21.6%・不支持率78.4%と散々でした。
これまで「安倍一強」とも言われる状況が長く続いてきたわけですが、私は「何れこうした時期は来る」と思っていました。色々な場面で、それは暗示されます。例えば、善かれと思ってやっているものの結果として、する事なす事裏目に出て中々上手く行かないような状況が続き、退陣が近づいて来ているのではないかという気がしていました。
例えば、「アベノマスク」や、「シンガーソングライターの星野源さんとのコラボ動画」にも大変な批判が巻き起こりました。あるいは「現金給付」や「検察庁法改正」、「9月入学」などは与党ともごたついた挙句、当初方針を転換せざるを得ない事態となりました。
更に、安倍さんが5月中の承認を目指すとしてきたアビガンは、税金を使って政府が買い取ったり、海外に無償供与したりしましたが、未だ承認を得られないといった有様です。先週木曜日「河井夫妻逮捕」となりました。もう何かに付けて悉くうまく行かないわけです。
昨年11月、安倍さんの通算在任日数は「明治、大正期に首相を3回務めた桂太郎の2886日を超えて憲政史上最長」となりました。そして再来月には、「大叔父である佐藤栄作の連続在任記録も上回ること」になります。来年9月までの自民党総裁任期を全うするかどうかは分かりませんが、一つの時期が来ているというふうには見ることが出来、また恐らく安倍さん御自身でも今ある意味辞め時を探しているのかもしれません。功成り名を遂げた安倍さんは、晩節を汚す前に辞めた方が良いと思います。
古代中国では天命が下った人が天の代理として、此の世界を支配すると考えられており、その代理が「王」であり「天子」であったわけです。その王が天意に沿わなく、今の政治は良くないと見ると、天は警告を発するわけです。当時はその警告は天変地異の形を取ると考えられていました。その警告にも拘らず政治を改めないと革命が起こり、政権が離れて行くのです。今回のコロナ禍とその問題への対処についての批判もこうした天の警告かもしれません。
ではポスト安倍が誰になるかと言えば、政治の世界は本当に一寸先は闇であり、思いも寄らぬ力学が働かないとも限りません。例えば今月6日リツイートした記事中にも、石破茂さんが「安倍色の強い議員以外の挙国一致内閣」を目指すとして、可成り穿った見方とは思われるものの次の通り書かれていました。
――二階(俊博)氏・菅(義偉)氏が、“選挙の顔”として石破氏を担ぐ。石破氏も、両氏を政権の中核として処遇し、官邸・党にグリップを利かせる。そして、次世代を担う人材を閣内で競わせる。小泉純一郎元首相のように、派閥の論理を超えた“適材適所”の内閣を作るだろう(ベテラン政治部記者)。
今月8日、二階幹事長は石破さんにつき「我が党でも最も古い政治家、最も経験豊かな政治家の一人であることには違いない。大いに期待をして、将来さらに高みをめざして進んでいただきたい期待の星の一人だ」と言われたようです。今、此の「8~9月に清新な党役員人事と内閣改造を行い、その直後の解散が考えられる」(自民党の若手議員)等々の見方も報じられますが、何れにせよ二階さんが引受けられた9月の石破派パーティーでの御講演内容が注目されます。
いわゆる良い状況であれば、「岸田禅譲」も有り得たかもしれません。しかし今のコロナの状況は、石破さんがダークホースとして出てくることも有り得る乱世に当たります。尤も、石破さんは各種メディアによる「次の総理に相応しいのは誰か」といった世論調査で、非常に根強い支持を得続けている人物です。ある程度大所帯の複数派閥の何処かが「石破で行こうか」というふうにでもなったらば、此の変わり目に石破内閣発足に導くような力学が働き得るのかもしれません。




 

『十八史略』に「治世の能臣、乱世の奸雄(かんゆう)」という言葉があります。三国志で有名な曹操(そうそう:魏の始祖)は「乱世の奸雄」と称されたわけですが、基本的に此の治世と乱世とで指導者たる人物は結構変わってくると思います。
今のコロナの状況は、どちらかと言うと乱世に当たります。例えば、現指導者の中で今回圧倒的ナンバーワンの評価を得ているのは、大阪府の吉村洋文知事でしょう。実際、吉村知事は、未だ44歳と若いものの非常に立派な仕事をされています。だから大阪の現況は、非常に良いのだろうと思います。
ひと月ほど前、『激突 吉村知事VS西村担当相 休業要請解除巡り「権限は国か知事か」』といった議論が一時ありましたが、私自身は、乱世においてはより多くの自治を夫々の地方公共団体の長に与えるべきだと思っています。国による様々な関与に依らず、地方自治体自らの判断の中できちっとした対策を打って行くのです。
その時大事になるのは、資金であります。本日成立する見通しの2020年度第2次補正予算案に計上された「予備費」10兆円につき、麻生太郎財務大臣は8日の財政演説の中で「まず、第二波、第三波が襲来し、事態が大幅に深刻化した場合には、少なくとも五兆円程度の予算が必要になると考えているところ」と言われた後、次の通りその内訳に触れられていました。
――ある程度の幅をもってみる必要はありますが、第一に、雇用調整助成金など、雇用維持や生活支援の観点から一兆円程度、第二に、持続化給付金や家賃支援給付金など、事業継続の観点から二兆円程度、第三に、地方自治体向けの医療・介護等の交付金など、医療提供体制等の強化の観点から二兆円程度が必要になるのではないかと考えております。
そしてまた、「今後の長期戦の中で(中略)、どのような事態が起こったとしても、迅速かつ十分に対応できるよう、万全を期すため、更に五兆円程度の予備費を確保することとしたもの」のようですが、此の予備費については寧ろ「第二波、第三波が襲来し、事態が大幅に深刻化」する前に、事の実相を最もよく理解している地方公共団体の自由裁量の下に充てるべきものだと私は考えます。
今回の第1波を経てその不足が明らかとなった、例えば病院や医師あるいはECMO(体外式膜型人工肺)や人工呼吸器等々の全てに関し、各都道府県がチェックアップし夫々の緊急性の有無を明示した上で国にきちんと提出するのです。第2波・第3波が来る前に、そうした足りないところに予備費を充て、現場の自由裁量で可能な限り手当しておく必要があるのではないかと考えます。
こうした資金の供給というのは、国が全都道府県向けに行わねばなりません。例えば今回の『感染者集計ミス、東京都連発 「ファクス1台に数百枚」』といった、脆弱な情報収集の有り様は論外です。IT活用の環境構築により全体システムを刷新し、手書きの世界から解放すると共に、手書きのものはOCR(光学式文字読取装置)で全て見る等するのです。時宜を得て正確なデータが集められるよう、早急な抜本的見直しが求められます。
第2波が来る前に(来ないかもしれませんが)、上記のようなことを今やることが必要だと思います。上記した第2波・第3波襲来時というより、「備えあれば憂いなし」であり、「後回しでやってどうなるの?」と聞きたくなります。あるいは、先月23日に漸く全国「配布中」となった「アベノマスク」についても、時機を逸した上に色々な欠陥が指摘される中で未だ配布を続ける意味が全く見出せません。
もっと言うと、『持続化給付金「電通のトンネル法人に769億円で発注」で経産省との癒着疑惑』のは、正に今迄も為されてきたことでしょう。最早そうした愚かな形で我々の血税を浪費するのは、是非とも止めて貰いたいのです。来年1月のダボス会議のテーマが「グレート・リセット(The Great Reset)」であるように、此の乱世においてリセットせねばならない事柄が我国にも数多あるように思います。




 

アゴラに『イチロー氏に教わった「憧れの人にあえて会わない」合理的な選択』(19年12月26日)と題された記事があり、筆者はその中で次のように言われています――イチロー選手が「僕と会うと(自分のことを)嫌いになる人もいる」というのは、自分の信念を曲げずに振る舞った結果なのではないでしょうか。信念を貫くことで一部のファンは覚めてしまい、逆にその他のファンはますます好きになるという結果になります。直接対面で会うのはそれがより顕著になるのです。
そして上記に続けて筆者は、「私は憧れの人は憧れのままにしておくのも、一つの戦略だと捉えています。歴史上の人物はすでになくなっていて、永遠に会うことができないからこそいつまでも美しいままなのではないでしょうか?同じ現象が、若くしてなくなったり、早期引退をした天才アーティストにも見て取れます。会えないからこそ、いつまでも幻想が永遠に幻想のままなのです」と述べられています。
本テーマで私見を申し上げますと、此の「美しいものは美しいままに」との主張を全面的に否定するわけではありませんが、私自身は基本「ありのままを理解すべし」との考えです。憧れの人に「直接対面で会う」ことが許される場合は、是非とも会いに行った方が良いでしょう。その時に「残念な人だなぁ、期待外れだ」と思うか「あぁ、やはり憧れた通りの人だった」と思うかは、何れにしても会ってみなければ分からないことです。
憧れるとは、一種の空想の世界で自分もその敬意の対象のようになりたいと強く心引かれる様を言います。例えば私が私淑する明治の知の巨人・安岡正篤先生は『照心講座』の中で、「偉大なるもの、尊きもの、高きものを仰ぎ、これに感じ、憧憬(あこが)れ、それらに近づこうとすると同時に、自ら省みて恥づる」心が、「敬の心」であると述べておられます。
あるいは私が安岡先生と並んで私淑する、明治・大正・昭和と生き抜いた知の巨人である森信三先生は、『修身教授録』の中で次の通り言われています――一人の生きた人格を尊敬して、自己を磨いていこうとし始めた時、その態度を「敬」と言うのです。それ故敬とか尊敬とかいうのは、優れた人格を対象として、その人に自分の一切をささげる所に、おのずから湧いてくる感情です。
憧れの人に直接対面で会い「自分の一切をささげる」程ではなかったと思うのであれば、次なる敬の対象を探し求める努力を続けて行けば良いでしょう。逆にその人に対する尊敬の念が深まったというのであれば、それはそれで「自分も発奮してもっと頑張ろう」という「」の気持ちに、更に繋がって行くことになるでしょう。之がとても重要なのです。
何故なら、敬と恥が相俟って醸成されてくる此の「」が、大きくは万物の霊長としての人類の進歩を促し、またその人自身を成長させて行く原動力になるからです。従って、敬と恥を自らの内に覚醒させ、自分自身を良き方に変えて行く為にも、可能であれば実際会って真に敬意の対象か否かを見極めた上で、その全人格を知ろうと大いに努めたら良いと思います。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.