北尾吉孝日記


常識品性もなかった舛添要一前東京都知事の後継選びが、先週木曜日より正式にスタートしました。今回「立候補者数 21」ということですが、「有力3候補」に絞って見れば現況「どの政党の推薦も受けていない元防衛相の小池百合子氏が幅広い支持を得て優位に戦いを進め、民進、共産、生活、社民の4党の推薦するジャーナリストの鳥越俊太郎氏が追い上げ、それをさらに自民、公明、こころの3党の推薦する元総務相の増田寛也氏が追う展開となってい」るようです。
現在2番手とされる鳥越氏に関して率直に申し上げれば、御年76歳とは都のトップとして激務を熟すに少し年寄り過ぎるのではないかと思います。今週月曜日、私は上山信一さんのツイート「鳥越氏の超高齢立候補は美談でなく究極の無責任 … @agora_japanより」や、池田信夫さんのツイート「【放送事故】都知事選 鳥越俊太郎さんの容態が急変!病院へ | ノンスタイル」をリツイートしましたが、多くの識者も指摘する通りやはり「体力面での不安は払拭できない」のではないかということです。
例えば17日に『主要3候補、早くも「運動量」で大きな差 鳥越氏は演説“1日1回”で体力不安も』という記事を見たかと思えば、その2日後遂には「鳥越氏、告示後初の街頭演説なし」とのことで、体力的にもちょっとしんどいのではないかと思います。BLOGOSで連日1位の「都知事選2016」タグを見てみても、「鳥越氏にドクターストップかける必要がある」等の見出しの記事があったりと、彼を巡る論評は総じて辛辣を極めているように思われます。
先の日曜日、秋葉原で行った街頭演説で小池氏は「この人なら勝てるといって政策も何もない人、病み上がりの人をただただ連れてくればいいというものではないんです」と発言され、後にあるテレビ番組で之を問題視した鳥越氏より指摘を受けたようです。此の「病み上がり」発言に対して、小池氏は『「もし言っていたならば、失礼なことを申し上げて…」とかわそうとした』云々と報じられています。私見を申し上げれば、鳥越氏の主張に共感を持てる部分もありますが、もう余り無理をされない方が良いのではないかと感じます。
冒頭ご紹介した候補3名の現況が齎されるは、言うまでもなく「17年ぶり保守分裂」がその主因の一つでありましょう。今回は自公推薦の増田氏でなしに、小池氏で決まりではないか、というのが小生の見立てです。先週月曜日までは、都議会民進党が出馬要請した衆議院議員の長島昭久さんが出られたら、と思っていましたが今回彼が「出馬しない」と判断されたので、小池氏に次の都政を託したいと思っています。
選挙は水物ですから、組織票の動向等々その行方を見通すは、最後の最後まで分からないのかもしれません。但し私自身は今、「一歩リード」「序盤先行」と言われる小池氏がこのまま勝ちそうな雰囲気が、何となく漂っているような気がしています。




 

『自民に代わる政党なし』

2016年7月12日 18:05

大方の予想通り、今回の参院選は「改憲勢力、参院の3分の2超 与党で改選過半数」という結果に終わりました。自民党は「1人区で21勝11敗と圧勝した」、比例「得票数は参院選としては01年以来、15年ぶりに2000万票を超え(中略)、与党で比例票の約半数」獲得となりました。
他方、「期日前投票者数は1598万人で過去最多を更新し」たものの最終的な投票率は54.70%と「過去4番目の低水準」ということで、政治無関心・選挙無関心といった状況が相も変わらず続いているようです。
自民党執行部としては今回、このような圧勝劇を初期の段階では想定していなかったのではないかと思われます。衆参同時選挙にも一度は踏み切ろうとしたものの、「今やっても20、30(議席が)減ることは覚悟しなければいけない」(安倍晋三首相)ため、自公での衆院3分の2割れのリスクを考慮して止めたのだろうと思います。
消費増税を再延期したということもあって、麻生太郎副総理等は「信を問わなければ筋が通らぬ」等と「先送りするなら同日選とセットだ」と最後まで言われていましたが、結果から見れば之だけ躍進できるなら「セット」にしたら良かった、ということでしょう(笑)
1年前の4月『統一地方選後の雑感』でも指摘した通り、「自民に代わる政党なし」「自民は下野する必要なし」という判断が未だ働いていると考えられる中、今回も投票率が上がってこなかったということだろうと思います。
民進党以下の野党勢力が余りに御粗末であるが故、「投票に行かなくても結果は分かっているし…」といった類の意識が働き、「自らの一票を必ず行使しなければ!」とした投票行動に結び付かないのが現況ではないかと思います。
現下の議会勢力バランスが齎されるは必ずしも自民党の圧倒的な実力ではなく、相対比較において仕方なしというふうに感じている多くの有権者による、消極的な評価に基づいた結果と言えましょう。
当ブログでも一貫して申し上げている通り、自民党と真っ向から対立できるような二大政党制の一翼となる次の新勢力を再編成するは、少なくとも岡田・枝野体制では到底無理だと確信しています。
民進党の岡田克也代表ご自身が今回得られた「手応え」とは裏腹に、「岡田執行部では伸びしろがない。次期代表選では全面刷新だ」といったも多々聞かれますし、私もそう思います。




 

『人間としての成功』

2016年7月8日 18:50

松下幸之助さんの御著書で『人間としての成功』ということで、「天分を十二分に発揮できるところに人間として生きる深い喜び、生きがいが生まれてくるのだと思う」と述べておられます。松下さんに拠れば「人間には二つの生命力がある」と言われ、その一つに生物として当然持っている「生きようとする力」、そしてもう一つに「使命を示す力」を挙げておられます。
後者は人間ならではのもので自分に与えられた使命、あるいは天分・天役・天命といったものを示す力が与えられていると言われるのです。自分が天から与えられた使命を自覚し、その使命を果たそうという努力と、それによる成果こそが人間として価値があることではないでしょうか。
世俗的な成功を以て人を偉いとする傾向や、世俗的な「失敗者」を駄目な人だとする傾向は、昔からあります。また一昨年3月のブログでも御紹介した「一貴一賎(いっきいっせん)、交情乃(すなわ)ち見(あらわ)る」ということも、現実に多く見られます。
我々は先ず、世俗的成功を以て人が偉いと判断することを止めなければと思います。人の偉さとは、「人間としての生き方」で判断されるべきことです。「富や地位を得るといった世俗的な成功は本当の成功とは言わない」のです。
『論語』の「顔淵第十二の五」に「死生命あり、富貴天に在り…生きるか死ぬかは運命によって定められ、富むか偉くなるかは天の配剤である」という子夏のがあります。天道はある意味非情かもしれませんが、死生も富貴も天の配剤です。
「楽天知命…天を楽しみ命を知る、故に憂えず」(『易経』)と言いますが、やはり自分の天命を自覚し心の平安を得て後ゆっくりと天を楽しむといった姿勢で生きることが、人間的な成功を齎す上で大事だと言えましょう。
また「人の命は棺蓋うて後に定む」と言われますが、人間としての成功あるいは真価は棺に入って初めて問われるべきものです。棺桶に入る手前になって、「あぁ、自分の人生これで良かった。自ら天命を果たすべく頑張った」という思いで此の世を去れたらば、それは本当に幸せなことでしょう。
あるいは、残念ながら力及ばずして自分の天命を果たせなかった場合でも、その志を次代へと志念を共有している者に引き継いで此の世を去れたらば、それはそれでまた幸せなことでしょう。
21世紀に入って16年が経過しましたが、色々な意味で難しい時代になったと観じます。リーダーの在り方も企業経営も、そして一人の人間としての生き方・心の持ち方も、もう一度その在り方を問い直すべき時に来ているのではと思います。
良い点数を取って良い学校へ進み、良い会社に就職できたとしても、それは必ずしも「人間としての優等生」であるわけではありません。それは今日、高学歴の人間達が起こす様々な不祥事の類を見れば明らかです。
松下さんも言われる通り人間としての優等生になるとは、つまり「自分を素直に生かすというか、自分のもっている素質、性格というものを素直に生かしてゆける人になるということ」です。
勉強が幾ら出来たとしても、人間的に未熟であっては意味がありません。人生における成功と世俗的な成功は無関係であるとの認識を持ち、人間として一流になるべく天よりの啓示を得るその日に備え、日々努力して行くことが大事だと思います。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.