北尾吉孝日記

デイトレードは難しい??

2007年4月23日 9:09
この記事をシェアする

今まで書いてきたように、僕は相場を見るときは、ベースにマクロ、セミマクロの自分なりの分析を踏まえ、そしてその時の相場の状況つまり大型株が動くようなエネルギーがあるのかとか、新興市場のセンティメントがどうかということや、テクニカル分析なども参考にしています。
そして基本的に投資は最低でも3ヶ月以上持つというスタンスです。

その一方で、デイトレーダーと呼ばれる相場のアヤをとる人達がいます。
毎日上がったり下がったりする株価と出来高の推移だけ見て、
相場のアヤを取ることによって利益を出していこうとする人達です。

取引ですから色々な方法があっていいと思いますし、何も悪いとも思わないけど、
僕にとってはデイトレードの方がずっと難しい(笑)
じっと寝かして1~3年じっと持っておく、その方が僕は儲かると思っています。
ファンダメンタルズなんて全く無関心で出来高の推移量だけで儲けようという方が余っ程僕には難しいです。

僕のアドバイスは、どちらかと言うとそういうデイトレーディングのためのアドバイスではありません。
これからも長期~中長期投資のためのアドバイス、それもファンダメンタルズリサーチでマクロ経済から入っていくような、アドバイスというより僕の個人的な意見を書いていこうと思います。

1~3年の投資と聞くと「そんな長期的な話を言われても・・・」、
と思う人もいるかも知れません。
しかし、それを長期と言うかは人によって異なると思います。
20年~30年にならないと長期とは言わない人もいますし、1年でも長期という人もいます。
僕自身は現在のような変化の激しい時代では3年というのは長期的な話だと思います。
従って僕のスタンスでは3ヶ月~6ヶ月は短期、6ヶ月~2年くらいは中期、それを超えると長期と考えています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.