北尾吉孝日記

外債や外貨投資について

2007年4月24日 17:25
この記事をシェアする

外債や外貨投資がポピュラーになってきましたが、こうしたものはもっとロングタームでの投資を考えてもおもしろいと思います。
前に僕が「人物をつくる」という本で書いた、非常に早いタイミングでのユーロに関する考察があります。
ユーロがドルと並ぶ基軸通貨になっていきますよ、という話が書いてあるのです。
だからそのとき信じてユーロ買った人は随分儲かっているはずですね(笑)
今回はその話を紹介したいと思います。

~~~ 人物をつくる(172P~)より ~~~
3つ目は、これが最大の理由だと思うのですが、ドルのシングル基軸通貨という体制が、そろそろ終焉を告げつつあるのではないかということです。昨今のユーロの状況を見ていると、ユーロがまさに第二の基軸通貨として誕生してくる気配を感じます。もう「パックス・アメリカーナ」(米国支配による世界秩序)の時代は、終わりに近づいてきたのではないかと思います。
従って、今度、英国がユーロに加盟するかどうかが重要です。いま、ポンドは安くなっています。ユーロに加盟すればポンドが割安に評価されるということで、下がっているわけです。逆にデンマークのクローネは強くなっています。
経済統合の完成したヨーロッパが大変な力を持った地域になることは、間違いがないと思います。
マルクスではありませんが、経済構造というのは最も下部構造にあり、その上に政治などのいろいろなものが積みあがっていくわけですから、経済統合がなされる意味というのは、通貨にも大きな影響を与えると思います。
一方アメリカは、大変な借金国です。
本来ならば、アメリカに次ぐ第二の経済大国としての日本が、その地位に代わらなければならないのに、第三の基軸通貨としての役割さえも担えないような状況です。
今申し上げたような三つの理由で、アメリカを中心とした世界経済の枠組みが、大きく変わる可能性が出てきたと思います。
こうした大きな流れを的確につかんで、ぜひビジネスに活かしていただきたいと思います。 2002年7月
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

言った通りに5年前にユーロのソブリンを徹底的に買い、じーっと5年間辛抱する。
そうすれば為替だけでも大儲けが出来る。
そういうものなんです(笑)




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.