北尾吉孝日記

Webの未来像と金融

2007年4月24日 18:16
この記事をシェアする

これはSBIグループの最大のテーマでもあると思います。
どのような時代が訪れるのかと言いますと、
たとえばイー・トレードの世界で言えばコミッションを武器に勝ち進む時代は終わった、
ということなのです。
ネット社会の中で、どうネットによってお客さんを広げるか、ネットによって囲い込むか、これからの時代はこれが最大の武器になるのです。

ですからロングテール理論で言えば、長く太くする、それを全部インターネットによって実現していく、これがSBIグループのこれからの戦略となります。
もちろん、いい商品をどんどん開発して提供していこうという従来の戦略もあります。
しかし、「SBIグループはネット企業である」という自覚をもってやっていかなければならないと僕は思うのです。

だから去年の新卒に書かせた35回の課題のうち、大半のテーマがネットに関わるものでしたし、今年の新人もネットに関しては相当鍛えていくつもりです(笑)

今年の新人に「いつからパソコン使ってる?」と聞いたら「中学生からです。」と返事されました。
僕なんかがパソコン使い出したのはソフトバンクに来てからです(笑)
若い人達は僕とは全然違う観点を持っていますし、だからこそ若い人達から教えてもらうのに丁度良かったのだと思います。

現代人はネットがなかったら生活できません。
情報を得るにしても、本ではなくほとんどがネットなのです。
Fast社の検索エンジンもそうですが、優れた技術がどんどん開発されているわけですよね。ですからSBIグループも「自分たちは金融の会社だ」と思っていると、いつの間にかやられてしまうと思います。
その敵は今まで金融界にいなかった人達、たとえばGoogleですとか、そういう人達にやられてしまうことが有り得るのです。

だから僕は仮想敵国が金融の世界にいるとは思っていません。
もし金融の世界にいたとしても、まだまだマイナーな人達かもしれないのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.