北尾吉孝日記

新興市場について

2007年4月25日 12:47
この記事をシェアする

新興市場の信用の失墜は昨年1月のライブドアショックから始まっていますが、当初はライブドア個別の問題であり、また一過性ものであると考えていたため、ここまで新興市場の信用が失墜する結果になるとは私も予測できなかったです。

ところがそのライブドアショックを契機に、カネボウに続き日興コーディアルグループの粉飾決算やIXIや加ト吉の循環取引を監査法人が全く見逃していた事など、監査法人自体の問題も相次いで発覚してきました。

こうした状況により、大手の監査法人含め、非常に甘い監査をしてきたという批判を受けるなど、監査法人は厳しく監査していかなければ自身の信用を失い、廃業に追い込まれることもあり得ると考え、その後非常に厳しい監査を実施するようになりました。
特にソフトウェアなど、在庫が目に見える形になっていないような商品については、昨今は逆に厳しすぎるほどの厳しさが見られるようになっています。
こうした影響で業績の大幅減額修正を迫られるような企業がたびたび見られるようになったのです。

IT系の有力企業の場合、例えば楽天は上場以来の経常利益の赤字が出ています。
あるいはインデックスの場合も、減額修正に加えて赤字となっています。
このようなネット関連の有力銘柄と目されていた企業の業績悪化や下方修正が、ネット関連企業の多い新興市場の足を引っ張ることにもなり、今日まで続いた新興市場続落の要因の一つともなっているのです。

こういう様々な問題を受けて、予想以上に東証マザーズ、ジャスダック、大証ヘラクレスといった3新興市場の信用の失墜が広まり、深まっていき、それらに上場する企業の株価が続落するという事態が起こったのです。

それがいつまで続くのか、その節目がこの3月期の決算発表になるのではないかと思います。
監査法人が厳しくなったにもかかわらず通期の業績が前年比大きく悪化していない企業や伸びている企業については、不信感は払拭されます。
つまり、新興市場の銘柄は業績の如何にかかわらず殆どが下落しているため、決算発表の結果次第では株価が反発してくる可能性が高いわけです。
今期の決算発表で「本物」と「偽物」の区別は明確に分かれると思います。

新興市場全体でどれが「本物」なのかわからないという不信感が、株価を大きく下げる要因となっていましたが、それもこの3月期の決算でほぼ見極めがつくのではないかと思います。
従って、新興市場の株価だけが下がって東証一部だけが上がるという状況は徐々に解消されてくるのではないでしょうか。
また、新興取引所への上場についても主幹事証券はより厳格になってきていますので、この点も新興市場に対する不信感の払拭に寄与するのではないでしょうか。
新興市場だけが毎日下がり続け、東証一部だけが上がるということは長く続くことはあり得ないと思います。
基調として相場が強い時には、経験則では循環物色です。

全体的に言えば「雨降って地固まる」でしょう(笑)




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.