北尾吉孝日記

SBIグループの今後の戦略

2007年4月27日 15:41
この記事をシェアする

Googleも様々な分野に乗り出しています。金融分野もその一つです。
だから我々も早くやらなければならないですし、そのためにSBI Roboを買収したのです。
高いテクノロジーを持っている企業は積極的に中に引き込まなければなりません。
今後決め手となるのはこういったテクノロジーであると僕は思うのです。
しかし、そういう認識が金融業界にいる人達にはありません。

とは言え、これは難しい世界です。
阪急電鉄を築きあげた小林一三さんが、「百歩先を見るものは狂人扱いを受け、現状のみを見るものは落伍する。十歩先を見る者のみが成功する。」
と仰ってましたが、10歩ぐらい先を見るだけではもう駄目なのだと思います。
もはやインターネットの世界では、100歩あるいは1000歩、いかに先を見渡す洞察力があるかどうかで全てが決まるのです。

だから僕はいつも本当に1000歩先を見るように心掛けています。
論語の中にこういう言葉があります。
「遠き慮(おもんばか)り無ければ、必ず近き憂い有り。」
とにかく遠くを見ないといけないということです。

そういう意味では、常にインターネットの世界がどう動いていくかを洞察していかなければいけません。
大量生産した製品を、マスコミやテレビで広告して大量に販売店に流して売っていく、こういう時代はもう終わったのです。
本当にニーズに合うものは何か、これを消費者から引き出していかないと物は売れない。
インターネットが我々の消費行動や生産行動にものすごい影響を与えており、このインターネットの世界の変化を洞察していかないと売れる物を作り出せないのです。

昔と同じスタイルで商売しているようではもう駄目です。
新しい時代になったということを理解しなければ、すぐに取り残されます。
だから我々は次々と新しいことへ挑戦していかなければならないのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.