北尾吉孝日記

中国経済の今後について

2007年5月28日 9:50
この記事をシェアする

中国は経常黒字が大きくなりすぎて外貨が溜まりすぎており、いくつかの対策を講じています。しかし、どれも小手先だけの対策であると言えます。
例えば中国優良企業による外国製品の集団買い付けとか、外国株投資規制を一段と規制緩和するという形で中国人が外国株に投資することを解禁する、といった対策ですね。
中国政府は、これだけ溜まった外貨を外国で消費するようにすることで減らそうとしていますが、本質的には為替レートを変更する以外にこの溜まった外貨を大きく減らす方法はないと思います。

かつて日本は1ドル=360円からスミソニアン体制で1ドル=308円にしました。
円は16.8%の切り上げになったのです。
中国も日本と同じような状況をそう遠くない将来に辿らないといけないという局面に入ってきたと言えるのではないでしょうか。
現在中国政府は、内陸部分と沿岸部分の格差を是正する前に為替レートを変更することは中国にとって政治的に危ういということを盛んにPRすることによって、中国元の切り上げを遅くしようとしている一方で、小手先の対策を講じております。
しかし、中国元が切り上げられるまで、そんなに時間がかからないだろうと僕は考えています。
少なくとも日本がスミソニアン体制の下で切り上げたぐらいの割合での中国元切り上げは、そう遠くない将来に期待できるのではないかと思っているのです。
したがって、僕自身は中国元にスライドするような中国の債券を、金利はそれ程高くないのですが、買っております。

また、SBIなどのようなベンチャーキャピタルが、法人を通じて中国株を中国国内で買うと、中国から外に持ち出すことができません。
しかし、中国国内で購入した株が自由に海外に持ち出せるようになるのも時間の問題であると思いますので、持ち出したい場合はそのタイミングまで待てば良いのです。
清華大学と共同でつくるファンドでは中国国内で投資し、そこでの儲けを中国国内に再投資するということを積極的に続けます。
その方法こそが、将来的な元高を考えた場合に株価から得られるキャピタルゲインと為替から得られるキャピタルゲインの2種類のキャピタルゲインによって、中国株投資の成果を最大化できる方法だと考えています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.