北尾吉孝日記

著書について

2007年6月1日 18:57
この記事をシェアする

あっと言う間に6月です。
光陰矢の如しとはよく言ったものですね。

先日、僕が書いた『何のために働くのか』の感想文のコンテストが致知出版で行われ、その感想文の一部を読ませていただきました。
僕の書いた本が非常に多くの方々に読まれ、悩みの解決や生き方の参考にしていただいたということを大変嬉しく思いました。
いただいたメッセージや感想文を読みながら、「ああ、これが作家の喜びというものか」と初めて実感したのです。

その時、嬉しく思ったと同時に「なぜこの本が多くの方々に受け入れられたのか」ということを自分なりに考えてみました。
一つは、やはり『論語』をはじめとする中国古典の持つ魅力の大きさでしょうか。
前の著書『中国古典からもらった不思議な力』でも書いたように、中国古典に書かれている知恵というものには現代になっても褪せることのない魅力があるのだと思います。
例えば「巧言令色鮮矣仁(口先が巧みで角のない表情をする者に、誠実な人間は殆どいない)」という言葉がありますが、これは漢字で書くとたったの七文字ですが、この七文字が人生の真理をズバッと言っているのです。
思えば、この『論語』という著書は書かれてから二千数百年も経っているのですが、今読んでも新鮮で、読み手の心に深く突き刺さります。
人間が生まれ、生きていくということは二千数百年前も今も何も変わらないことなのでしょう。
そういう意味で、皆様方にも古典を読んでいただきたいと思います。

中国古典だけではなく、西洋の古典にも素晴らしいものがあります。
例えば『ソクラテスの弁明』というプラトンの著書がありますが、そこに書いてあることと『論語』に書いてあること、この二つに非常に多くの共通点があるということを、最近あらためて痛感しました。
ソクラテスと孔子、ちょうど同じくらいの時代に生まれた二人ですが、全く異なる地に生まれ、思想も異なるものかと思っていたのですが、共通点が随所に見られるのです。
西洋東洋問わず人類の宝として二千数百年以上も残っている著書は、やはり我々の精神の糧となるということを改めて実感しました。

この本が受け入れられた理由としてもう一つ考えられるのは、「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉もありますが、「時代の変化」ではないでしょうか。
日本人は古来より大変豊かな精神文化を育んできましたが、戦後になってこうしたものを捨ててきたように思います。
その結果として、世の中に様々な歪みが生じてきているのではないでしょうか。
虐待、いじめ、そして親殺しや子殺しのように信じられないような事件が起こり、ニートやフリーターの激増といった社会問題も起きているのです。
これはやはり、日本人が古来より育んできた精神文化を捨ててしまったことに起因するのではないかと僕は考えているのですが、太平洋戦争が終結してから60年という時が経ち、一つの節目としてそうした精神文化をもう一度見直すべき時が来たのではないでしょうか。
こういう中で、僕の著書に書かれている日本人の伝統的な文化や考え方が受け入れられたのではないかと思うのです。

この60年という歳月、これを今度は経済の世界で考えてみます。
景気循環論の中にコンドラチェフの波がありますが、これは50~60年周期で景気が循環していることを表している波ですが、その要因は技術革新であると考えられています。
そのほかにも景気循環の波にはグズネッツの波(20年周期)やジュグラー波(10年)やキチンの波(40ヶ月)などがあり、僕は母校の慶応やケンブリッジ大学で勉強した記憶がありますが、今回はコンドラチェフの波から今という時代がどういうものであるかを考てみようと思います。
日本における2百年程度の資本主義の歴史では、過去に4回のコンドラチェフ波がありましたが、まさに第5の波が押し寄せようとしているのが今ではないでしょうか。第4波の谷は1949年ぐらいだと言われていますが、デフレからは来年には脱却出来そうですし、今まさに第5波の谷が形成されてそこから本格的な上昇波動へ行くところなのです。
その要因となる技術革新は、おそらくインターネットとバイオの分野で起きるのではないでしょうか。

そして我々SBIグループはまさにその中心にいます。
Finance1.0からFinance2.0へ、ということを最近僕は盛んに言っているのですが、SBIグループはインターネット金融分野での革新を起こし、時代を牽引するべき存在なのです。
だから、我々はこういう時代の中で次から次へと新しいことへと果敢に挑戦していなければならないのだと思います。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.