北尾吉孝日記

投資信託について

2007年6月15日 13:41
この記事をシェアする

最近、投資信託が注目されるようになってきました。
新聞記事等でも取り上げられておりますが、日本においてもついに投資信託の残高が100兆円を突破したということです。

しかし、このうちの4割がいわゆる外国モノであり、日本株の株式投資信託は2割程度しか占めていません。
そういう状況ではありますが、いわゆる外国モノや国内モノを合わせて全体として投資信託の残高が100兆円を突破したということが重要です。
しかしながら、日本では投資信託の家計の金融資産に占める割合は2006年で4.3%ということであり、まだまだ低いと思います。

したがって、貯蓄から投資へという動きの中で投資信託が増えてきていますが、これはまだ始まりです。
今後、投資信託は益々そのウェートを高めて、おそらく10年かからずして投資信託の家計の金融資産に占める割合は二桁台にはいると考えています。

この動きは、ちょうど90年代のドイツの動きとよく似ているのです。
ドイツも同じように90年代初頭に貯蓄から投資へという動きが起こり、91年に家計の金融資産に占める割合が4.1%だったのが、2000年に11.3%になり、2005年末には12.1%まで拡大したのです。
先ほども書きましたが、日本での同割合は2006年に4.3%であり、ドイツと同じように二桁台に向かって拡大していくでしょう。

こうした状況においてこの良い流れを加速していくために最も必要なことは、投資信託の手数料、すなわち販売手数料と信託報酬の引き下げであると僕は考えています。
ですから我々はこの販売手数料と信託報酬、すなわち投資家の払うコストをいかに下げるかという課題に真正面から取り組むつもりです。そのために設立したのがSBIファンドバンクという会社なのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.