北尾吉孝日記

大企業病について

2007年6月28日 15:35
この記事をシェアする

組織が大きくなると大企業病に陥るとよく言われています。
大企業病とは組織が硬直化し、官僚的になっていくことを指します。
これは歴史的に言われていることであり、残念ながら人間が主体となって作られる組織における一つの特徴的傾向かもしれないですね。

大企業病になってしまうと、本来外に働くエネルギーが内に働いてしまいます。
具体的にはどういうことなのかというと、例えば企業内で社長派と会長派に分かれるとか、あるいは社長を狙う二人の副社長の間に派閥が出来るとか、そういったことですね。
明らかに外に向くべきはずのエネルギーが、内の派閥闘争に向いています。
あるいはセクショナリズムに陥って、「これはあなたの仕事、これは自分の仕事、これはまだ誰の仕事か決まってない、だからやらなくていい」というような状態になり、従業員それぞれが自分の領域以外のことはしないし、領域は絶対に脅かされないように守ろうとするのです。

そこで組織を作るときに、そういった大企業病に陥らないような形を考えましたが、それが企業生態系なのです。
SBIグループは全体で1,600人を超える組織体になりましたが、最大の事業を誇っているイー・トレード証券でも契約社員等を入れて200名超というような状況です。
一人の人間が管理できる範囲は200人から300人と言われていますが、全てその範囲に抑えているのです。
そしてさらに日々の業務を統括するCOOと全体的な戦略を司るCEOとの役割を明確にしていき、その中でグループの統一性ということも保たれるのです。

したがって多くの会社をグループ傘下におきながら、同じベクトルでシナジーを相互間に働かせることが出来ます。
そして大企業病に陥らないような状態、しっかりと管理が出来ているという状態で、コンプライアンスの徹底化を図り様々な問題やリスクを減らすということが出来るのです。
さらにグループ全体として金融業に従事しているということで、より高い倫理性が必要とされるということを僕は従業員達に常に言いながら成長を促しています。

大企業病にならない企業をつくるためにはこのようなことも非常に大事なのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.