北尾吉孝日記

集合知について

2007年7月10日 17:28
この記事をシェアする

イートレ長者村は顧客参加型のサービスとして様々なユーザー様から提案をいただいておりますが、この「集合知」がこれからのSBIグループにとって重要なものになってくるのだと僕は思っています。
集合知とはいわゆるWeb2.0における代表的なキーワードの一つであり、多くの人が持つ様々な情報を集約した情報のことを言います。
ウェブの発達によってブログやSNSなどの大衆参加型のサービスやオープンソース、さらにはウィキペディアなどが注目されるようになって、集合知は認識されるようになりました。
例えば商品を作る場合に、集合知の力を活用すればあらゆる観点から商品について分析することが可能となり、もっと良い商品を作ることも出来るかもしれないのです。

現在も株主の方やそうでない方からも様々な提案をいただいておりますが、僕はこうして結集した集合知を、会社がもっと良くなるために活用していこうと考えています。
ですから、集合知を見て活用してもらうためにSBIの幹部にはイートレ長者村に参加してもらったのです。
そして日記やコメントなどで自分自身がどのような人間か、自分の会社がどのような会社かということを多くの人にわかってもらう、そういった活動をしてもらいたいのです。
すでに多くの役員がイートレ長者村に参加していますが、こういったことが今後のSBIグループにとって非常に重要になってくると思います。

イートレ長者村はSBIイー・トレード証券の顧客基盤を対象としたSNSとして本4月12日にスタートし、会員数も4万人に迫る勢いですが、SBIグループの様々な顧客基盤を対象とした次のSNSの準備ももう始まっています。
そして、新しく作られてくるSNSは相互に付加価値を生むような形で連携させていく予定です。
こうしてSBIグループの持つ顧客基盤をコミュニティという形で最大限に活用することによって、集合知のビジネスを実現していくのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.