北尾吉孝日記

M&Aについて②

2007年7月23日 8:54
この記事をシェアする

前回、ブルドックソース株式会社の買収問題について少し触れましたが、この問題は企業と株主の在り方を大きく示唆した出来事になったと思います。

ブルドックソースはスティール・パートナーズの敵対的買収に対して防衛策を考案しましたが、スティール・パートナーズはこれを不服として差止め請求をしました。
結果は一審、二審ともにスティールの訴えを棄却しましたが、この問題には様々な意見が出ているようです。
例えば、今回の買収防衛策の発動によって、ブルドックソースはスティール・パートナーズに23億円支払わなければならないのですが、これは会社の利益を著しく損なうものとしてこの経営陣の判断は妥当ではない(善管注意義務違反である)との見方がありました。
買収防衛策を発動することによって会社の利益を著しく損なうことは株主の利益を損なうことに直結する、そして株主の利益を損なうような行為を経営者はしてはならない、ということです。ですから、本件の買収防衛策導入に関してブルドックソースは株主総会で導入の是非を決議しましたが、その結果大多数の株主の賛同を得ることができたのです。

この株主総会の持つ意味は大きいと思います。
なぜなら、多くの株主が短期的には痛みを伴うであろう防衛策を承認し、長期的な視野で会社を守っていこうという姿勢を見せたからです。
本来、企業と株主の関係はこのようにあるべきなのだと僕は思うのです。
株主は長期的な視野に立って会社が成長していくことを見守り、会社が危機の時には一丸となってそれを乗り越える。
そして経営者はこうした株主の期待に応えるべく自信と気概をもって経営に臨み、会社を成長させることで株主に還元していく。
僕は、自分よりもSBIホールディングスをうまく経営できる人がいるなら、その人に一任した方が良い、株主のためになると思っています。
そのくらいの自信と気概をもって経営をしているのです。

一方で、買収に対抗するための手段として株式の持ち合いを復活させようとする動きもあるようですが、「ものいわぬ株主」ばかりで構成された企業が本当に市場ニーズと反応して企業価値を高めることが出来るのでしょうか。
企業の使命は、株主や従業員、更には地域社会も含めたすべてのステークホルダーとの利害を調節しながら永続企業として発展していくことです。
一時的に経営を託された人間のエゴのために、自らの保身のために防衛策の採用が行われることは決して望ましいことではないと思います。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.