北尾吉孝日記

休日の過ごし方

2007年7月31日 10:37
この記事をシェアする

「北尾さんは休日どんなことをされているのでしょう?」

このようなことを聞かれました。
僕の場合、休日であっても趣味を楽しむような時間はありません。
休日には読むべきものが膨大にあるのです。

新卒社員の課題を読んだり、他にも勉強のための読書をします。
さらに新しい著書の執筆もしております。
さらには結婚式、葬式、何かしらのパーティと次々きて、自分の趣味に時間を使う間も無く週末が終わってしまいます。
だから本当に時間がいくらあっても足らないというのが現状です。

しかし、SBIグループのビジネスが広がり、やることが増えていく中で、それに負けず劣らず僕の発想が豊かになっていっていることを感じます。
色々な改善案が次々と出てくるのです。
そう考えると、経営者としてはある意味旬なのかもしれないですね。
旬のときは旬の生き方をしないと勿体ないと思うのです。
ですから、自分の趣味を楽しむような時間の使い方は残念ながらまだ出来ません。
僕のことを「仕事が趣味」と家内は言いますが(笑)、必ずしもそうではありません。
もちろん仕事は嫌いではありませんが、ある意味で時間に追われているのです。

そんな中、僕の唯一の楽しみはふっと落ち着いた時間です。
まさに「忙中閑有」の「閑有」ですね。
本当に短い時間ですが、テラスの薔薇やテラスに来る小鳥のさえずり、あるいは大自然を見ることが心の癒しとなっているのです。
他にも「寧静致遠」という言葉があります。
これは落ち着いてゆったりとした静かな気持ちにならないと、遠大な境地に達することができないという諸葛孔明の言葉ですが、本当にこの短い時間に遠大な境地に達し、それが一つの肥やしとなり、次に大きな発想で大きな戦略を考える。
こうやって休日を過ごしているのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.