北尾吉孝日記

二大政党制について

2007年9月21日 8:57
この記事をシェアする

参院選以降の状況を見ていますと、政権交代の可能性が出てきたのではないかと思えます。
このままの参院のみならず衆院においても民主党とその他野党で過半数を獲得するようなことが起こるかもしれません。
このようになりますと、日本も二大政党制になっていく可能性があります。

二大政党制では与党と野党がお互いの政策を議論し、それぞれの政策について民意を問う形で選挙を行います。
その結果として、与党と野党は政権交代をしながら国民の生活レベルの向上や福祉の向上、あるいは国力を増加させていく方向に動いていくのです。
そういう意味では、二大政党制という形態に向かっていくことは良いことではないかと思います。

もし実際に二大政党制のような形態となり、政権交代が起こるようになりますと、それが市場に与える影響について心配される方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、基本的には政権交代が株式市場に対して与える影響はほとんど無いと思います。
英国においても保守党から労働党になっても、株式市場にはほとんど影響も無く、今の労働党内閣の中でも株式市場はむしろ堅調に推移しました。政治が国家国民のためを目指す限りにおいて、それが市場にマイナスになることはないのです。
ですから、二大政党制でお互いがお互いを監視しながらお互いの問題点を指摘しあい、社会の不公正や非効率をいかに是正していくかを考えていくような仕組みを作ることが、社会に対しても市場に対しても重要なことだと思います。

安倍さんが辞意を示されたとき、麻生さんが次の首相になるという噂が流れて、麻生さんが漫画好きということを受けて関連株が一時上がるようなことが起こりましたが、これは明らかに一時的な現象ですね(笑)。基本的には、市場は政治に対してニュートラルであると思っています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.