北尾吉孝日記

今年の夏について

2007年9月26日 10:38
この記事をシェアする

長期にわたって非常に暑かった夏もようやく過ぎようとしておりますが、これだけ暑かった夏というのは僕の記憶にも無いです。
先日、知人と話しましたところ、軽井沢では30度を超えるなんていうことは考えられなかったらしいのですが、今年の夏は30度を越えるような日が何日もあったそうです。
いくら暑いといっても軽井沢なら27,28度が上限だったそうですが、今年はそんなレベルではなかったようです。
もしかするとこれからの夏はもっと暑くなり、もっと長くなるのではないか、というような気になりました(笑)。

このような事態を引き起こす理由は地球温暖化であり、その最大の原因は二酸化炭素(CO2)です。
このCO2をいかに減らすかということが、世界中が一つとなって解決していかなければならない大問題ですが、各国の歩調が合わず、なかなか難しいようです。

このCO2の問題について考えていると、ぞっとすることがあります。
例えば、国民一人当たりの原油の消費量。
今中国を1としたら、日本はどれぐらいになっているか、そして、仮にその中国が日本並みの一人当たり原油消費量になったらどうなるのということを考えますと、恐ろしいことになります(参考:添付資料)。
一人当たり原油消費量について、2004年の中国を1としたとき日本は8です。
そして中国が日本並になったとき、現在アメリカの3倍以上の消費量になるのです。

中国だけを例にとってみても、これから発展していくことを考えますと大変なことになるということがすぐにわかります。
そしてBRICsの国々が同様に発展していくとしたら、CO2の量は凄まじいことになります。
それが、更なる地球温暖化を引き起こし、南極や北極の氷が溶けていくという問題をさらに加速させることになるのです。

非常に暑かった夏でしたが、ただ「暑かった」と思うだけではなく、地球全体が危機に直面しているという現実を受けとめ、真剣に考えていかなければならないと思います。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.