北尾吉孝日記

この記事をシェアする

私はグローバリズムには三つの段階があると考えており、いよいよ日本も三段階目のグローバリズムに移行していく過渡期にあると考えております。

グローバリズムの三段階について説明しますと、
第一段階:モノの輸出入で海外へ進出していき、海外との関係を持つ
第二段階:生産拠点や販売拠点を海外に持つという形でのグローバル展開をする
第三段階:本社機能や経営機能が海外に移る。また日本人の海外での居住が増加。
ということになります。
ですから第三段階になりますと、会社の本社を海外に移転することや経営者を外国人とする日本企業が増え、また日本人富裕層やシルバー層の居住が海外に移ったりすることも増えます。
今、三段階目のグローバリズムに移行していく過渡期にあるといえ、近い将来にこのようなことが起こっていくということなのです。

例えば、ソニーのように多国籍企業となって、日本での売り上げよりも海外での売り上げの方が多く、またCEOも外国人であり、日本に留まる理由があるのでしょうか。
資金調達の面で考えましても、世界中で色々な調達の方法がありますし、ソニーの場合はNYでも上場しています。
そのように考えますと、日本に留まる必要性はないと言えましょう。

そして、日本の税制の非効率な部分に不満を持つ多くの日本企業が同じように考え出したとき、日本の税制は一体どうなるのでしょうか。
そのようなことが起こって、始めて日本の税務当局や行政があわてるでしょう。

これを防ぐためには、世界の常識に一歩でも近づけようという制度改革がなされることが何よりも必要だと思います。
『礼記』の中に「苛政は虎よりも猛し」という言葉がありますが、このように行政における様々な非効率を改善せず、そしてそれを更に悪化させていくというような制度改革を行っているようでは会社や人々が出て行くのは当然のことです。

抜本的な制度改革が行われない限り、この第三段階目のグローバリズムの進展は促進されていくことは避けられないと言えるでしょう。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.