北尾吉孝日記

この記事をシェアする

SBIアクサ生命保険株式会社(以下、「SBIアクサ生命」)は一昨日、金融庁より生命保険業免許を取得し、わが国初のインターネット生保会社として誕生することが決まりました。
SBIアクサ生命保険株式会社の生命保険業免許の取得について
4月7日開業予定ですので、皆様からの温かいご支援をいただけるようお願い申し上げます。

今回の生保の免許取得により、私どもはあらゆる金融分野での事業を行えることが出来るようになりました。SBIグループの中核事業となる銀行、生保、損保に対しては、SBIイー・トレード証券を中心としてインターネットビジネス分野で私どもが自ら体得した、様々なインターネット金融業拡大のノウハウを本格的に活かしていきたいと考えています。ユーザビリティの改善などを随時行っていくのはもちろんですが、最大の決め手は徹底的に安い保険料と考えています。これはSBIイー・トレード証券で言えば徹底的に安い手数料のことであり、全く同じ原理で優位性を確立できると考えています。もう一つ大事なことは、自己責任で売買する株式とは異なり、保険の場合は保険の対象となる事象が起こった時、その対応力の如何が非常に大きく問われます。例えば、入院や万一のことがあって保険金支払いの請求を受けた場合、保険会社としての対応がどうであったかが重要であり、その意味で他社との優位性を持つ徹底的な対応が出来るような会社にしなければならないと考えています。

昨年はいわゆる「保険金の不払い問題」等、生保業界にとって非常に大きな問題が様々指摘されましたが、SBIアクサ生命はそのようなことがない、安心し信頼できる生保を目指したいと思っています。

それから最後にもう一つ、私どもの金融庁免許取得案件でのIR発表は非常に難しいです。まず、ジョイントベンチャーを作った時点で行わなくてはなりません。その後の経過については、金融庁次第ということで、概して予測通りにいかないことも起こって来ます。従って、投資家の皆様にご心配をおかけしたり、往々にしてお伝えした通りに物事が進まない状況になりがちです。しかし、私どもとしては、その時点での一番強い見通しを申し上げるしかありません。リリースと実際の免許取得等がずれた時は、本当にやむをえないこととしてご理解いただけますようお願いします。もっとも、もう免許を取る事業はないのですが。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.