北尾吉孝日記

この記事をシェアする

前回の日記では長期単独政権の弊害について述べましたが、その意味で中国の経済発展に対する中国の政治リスクの大きさについても考えられます。考えてみると、中国がなぜ「崩壊」せずに生き残っているのかと言えば、それは鄧小平の偉業に帰結します。例えば「白い猫でも黒い猫でも、ネズミを捕まえてくれさえすればいい猫だ」というネズミの理論により、彼は共産党支配下における資本主義的経済発展を目指し、それを成し遂げたわけです。そして、ある意味で日本よりも中国の方が本来的な資本主義的経済に近いかもしれない現状が出来上がっています。一方、東欧諸国は共産主義国として70年の歴史を終え、民主化されましたが、鄧小平のような大きな修正を行える人がいませんでした。また、旧ソビエト連邦の最高指導者、ゴルバチョフは一気に民主化を実現へと導いたという意味で、彼の果たした功績は大きかったのですが、プーチンのやり方や彼の大統領を退いてからの院政体制をみているとある意味で旧体制を維持しながらの新体制への移行であったとも言えると思います。中国は、体制内の民主化を徐々に進展させ、体制内の資本主義化を推し進めている、歴史上非常に珍しい国であります。従って、政治が突如不安定になり、国家の不安定化につながるとは、私には思えません。

しかしながら、近代資本主義という観点から中国を考察すると、ある重要な事実が浮き彫りになります。それは近代資本主義のまさに根底要素という部分、「私的所有権」の欠落であります。では、近代資本主義体制における私的所有権とは何かと言えば、それは「絶対的な支配権」と「抽象性」と言われるものです。前者は「所有者が所有物に対していかなる行為も、いかなる経済行為も為し得るということ」であり、後者は「観念的に、論理的にその存在や内容を決められると言うこと」です。後者の具体例としては、ある人が自分の所有していない家に住んでいる場合、「オキュペーション」(住んでいること)と「ポゼッション」(所有していること)が分離していることなどが考えられます。このような二つの特徴が近代資本主義を発芽させ、発育させ、そして、発展させてきたと私は考えています。ところが中国を見ると、近代的な意味における所有権の確立どころか、確保さえも十分になされていません。従って、私を含め多くの事業家は、私有財産制度の確立していない中国に対し、本質的に事業家として100%安心して投資は出来ないと考えているのではないかと思います。このような理由から、おそらく中国が真の経済大国になるには、まだ長い歳月がかかるのではないかと思っています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.