北尾吉孝日記

この記事をシェアする

住信SBIネット銀行株式会社(以下、住信SBIネット銀行)は、2008年8月8日時点で預金総残高が4,000億円を突破しました。また、口座数についても同日時点で20万口座を突破しました(預金総残高4,000億円突破のお知らせ)。株式会社ジャパンネット銀行の預金総残高が4343億円(2008年6月末時点)ですので、近い将来、その預金量を抜くことになると予想しています。

考えてみますと、昨年9月24日の住信SBIネット銀行開業時の事業計画では、目標預金量が3期目で7000億円程度、目標口座数が3期目で40万口座程度ということでしたが、わずか320日で目標預金量の約57%を達成し、加えて、目標口座数の半分以上を獲得しました。この結果は、私どもの戦略が間違っていないということの証左であると考えています。

また、住信SBIネット銀行は、『ダイヤモンド・マネー9・10月号』に掲載されている「今、一番使える銀行ランキング」で、「手数料」「使いやすさ」「金利」「品揃え」からなる総合評価で堂々の1位を獲得しました。オンライン証券口座獲得数で他を引き離しての一位(約170万口座)である株式会社SBI証券(旧SBIイー・トレード証券)も、各種ランキングで常に1位を維持してきました。今後は一刻も早く「品揃え」を整備して全項目でNo.1を獲得し、さらに口座数を増加させていきたいと考えています。

『孫子の兵法』で有名な孫子は、戦いの上で「勢い」を非常に大事に考えていましたが、私もこのような事業は一気呵成に遣り上げるべきとの認識であり、早期黒字化に向けて、今まで以上に猛スピードで事業を展開していきたいと思っています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.