北尾吉孝日記

この記事をシェアする

私が今一番気にしていることは、ここ最近の債券市場において米国債の長期金利が上昇し、債券価格が下落していることです。日本でも長期金利が上がってきていますが、そのような状況が何を反映しているのかと言えば、やはり日米の財政赤字問題の深刻さだと思います。米国はすでに今回の経済危機からの脱出の為急速に財政赤字が膨らみましたが、それは今後さらに大きくなっていくと思われますので、長期金利は当然上昇していくと思います。これは結局ドルの信認問題に繋がっていく可能性があると考えています。

前々から申し上げている通り、今回のファイナンシャルクライシスはペーパーマネーであるドルに対して見切りをつける端緒になり、これからはその動きが強まっていくと考えています。ペーパーマネーで世界中を納得させていくことは、もはや不可能に近いと思っています。今回このような世界同時不況を引き起こさなければまだ良かったのですが、これを引き起こし、不況対策として追加でドル紙幣を印刷し、海外からの資金調達が思うように出来なくなってきています。従って、長期金利を上げていかざるを得ないのですが、金利を上げていくことはドルの信認が低下していくこととイコールですので、その意味で今後この問題がどうなっていくのかについて注視していかなければいけないと思っています。

日本についても長期金利が上昇する形で動き出しています。現状は一方で積極的な財政出動に動き、片一方では企業業績の低下により法人税収が想定を下回るという状況になっています。従って、財政赤字の膨張と国税収入の減少ということになり、これが為替に対して今後様々な影響を与えていくことに繋がってきています。日本の借金について言えば、米国のような海外からのファイナンスではなく、ほとんど日本国民からの借金ですので世代間の問題はありますがまだ良いです。何れにしても両国とも財政の破綻は大変な問題であることに違いはありません。これについても継続的に注視していくべきことであると思っています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.