北尾吉孝日記

この記事をシェアする

先日発表した通り、証券取引等監視委員会より株式会社SBI証券(以下、SBI証券)に対する行政処分の勧告がなされました。

近々その勧告を受ける形で行政処分が下ると思いますが、それを真摯に受け止め、改善すべきことを大至急で改善していきたいと考えています。

今回のことを受け、井土社長をはじめとするSBI証券幹部には、システム障害に関するどんな些細なことであっても、その原因と対策について必ず毎日私に報告するよう指示を出しました。そして、何か問題があった場合は、十分な対策がとれたということを確認できるところまでレポートを書き続けるよう指示し、昨日から私はレポートを受け取り始めました。

また今日もグループ各社の長に「我々の生命線はシステムである。システム障害については、金融庁に報告を要請されるものから、お客様に迷惑を掛けることがないような程度のものまで様々あるが、その全てをきちっと報告するように」と告げました。そして、それについて単に報告したとか、会議をしたということで終わらせるのではなく、全てネットにデジタライズした情報で残すか、紙で残すことを各社の長に厳命しました。

お客様に重大なご迷惑を掛けるような大規模な障害に関しては、幸いこれまで当社グループのどの会社にも殆ど起こってはいませんが、業務委託先におけるシステムトラブルの影響を受けることは何度もありました。従って、今後は委託先についても、毎日問題点があったのかどうか、そして、どのような問題点があったのか等について、全て紙で提出することも指示しました。





(任意/公開)
(任意/非公開)

  1. トヨタと違い、過ちを真摯に受け入れる姿勢や迅速な対応が見てとれました。
    これまでも何度かこうした適切な対応をされている御社グループは、株主の私としても例え今後同様の問題が起きたとしても、安心して株主でいられます。
    厳しい情勢続いておりますが、頑張っていただきたく思います。応援しております。

  2. またしても、やらかしてしまいましたね。
    全然改善出来てなかったのが露呈してしまいましたね。
    トレーダーは怒り心頭ですよ。
    ゴメンでは許されないでしょう。
    きちんと賠償するなど、誠実に対応してくださいね。
    設備投資をケチったツケはキッチリ払うべきだと思います。

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.