北尾吉孝日記

この記事をシェアする

先日私どもの社員が結婚するということで、一言ビデオメッセージを貰いたいと言われましたのでお引き受けしました。
今回は撮影時に話した中で結婚生活というものに触れた部分についてブログに記載しておきます。

結婚生活というものは中々難しいもので、最近は特に昔と違い難しくなってきているようです。
この結婚生活をある意味偕老同穴になるまで持続させて行くために何が必要かと言えば、一つ最も大事なことは信、信頼関係の信であります。
「信なくんば立たず」という言葉がありますが、夫婦関係程この信というものが必要になるものはないと言っても過言ではありません。
お互いを信じられなくなれば、最早夫婦関係を続けて行くことは非常に困難なわけで、先ずはこの信を持って結婚生活を続けて行けるようにすることが重要となります。

では、この信を持って行くために何が必要かと言えば、それは誠、つまりお互いに誠実であるということが非常に大事であると思います。
この誠というのは、ある意味両者が夫々自分自身の全てを曝け出すということかもしれません。
隠し事はしない、嘘はつかない、そして自分の良心まで含めて何もかもを曝け出すということになるのかもしれません。
男と女というものは両性全く違うもので、中国古典で言えば、男性は陽、女性は陰と夫々別の極のものです。
従って、陰陽別の極みと全く違う存在である以上、考え方も生き方も色々な意味で違ってくるわけです。

そのような意味で誠に加えてもう一つ必要なものは忍、忍耐の忍ということです。
上述の通り、全く違う存在である以上、お互いが誠を尽くしても様々なことで衝突するということは往々にしてあります。
従って、その衝突による破局を避けるためにはどうしても忍というものが必要になるのです。
この忍ということをお互いが心掛けて行くことで、末永く、そして味わい深い夫婦生活を築いて行くことが出来るのではないかというように思います。

以上、結婚生活を送るに当たり、まずは第一に信を持ち、その信を支えるものとして誠と忍ということを忘れないことが肝要であるというように私は考えています。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.