北尾吉孝日記

この記事をシェアする

直近の決算説明会にて今月開催すると申し上げた「第1回海外戦略会議」ですが、予定通り先週香港で世界8カ国から我々のパートナー企業のトップが参画する形で開催することが出来ました(※1)。
世界8カ国というのは、米国(Jefferies & Company)、アブダビ(Invest AD)、インド(Edelweiss Financial Services)、中国(Tsinghua University Education Foundation)、カンボジア(Royal Group of Companies)、ベトナム(FPT Corporation)、インドネシア(PT Bank Negara Indonesia – Persero)、そしてロシア(IFC Metropol)を指しています(※2)。
私が非常に大きな喜びを感じたのは、夫々の国において夫々のトップは多忙を極めているにも拘らず、今回の会議のためだけに、もっと言えば私のためだけに時間を調整し参画してくれたということです。
私の1時間以上のプレゼンテーションにも飽きることなく熱心に耳を傾けてくれ、また彼ら自身も夫々の国情等について様々な観点からプレゼンテーションを行ってくれ、そしてまた色々な形でディスカッションを展開することが出来ました。
言うまでもなく、こうしたグローバルネットワーキングというものの価値というのは、私どもとパートナー企業との関係がパートナー企業同士の関係にも広がって行くことであると私は考えています。
そして今回、その音頭を日本人の私が取る形で世界8カ国のトップに集まって貰い、そういった新たなる関係が構築されて行ったというのは実に素晴らしいことではないかと思うのです。
先にも述べたように各国トップは多忙を極めておりスケジュール調整を行うだけでも大変なのは想像に難くないとは思いますが、今後ともSBI Hong Kongのボードミーティングでもある当グローバルカンファレンスを定期的に開催して行きたいと思いますし、来年は上記以外の国からも招聘したいと思っています。
そしてその場において、様々なグローバルネットワークとしての戦略、あるいは私ども自身の戦略について皆の篩に掛けながら、パートナーに協力してもらいあるいは賛同する全てのパートナーと一緒により大きなものにして行きたいというふうに私は考えています。

参考
※1:2012年4月26日SBIホールディングス株式会社 株主・投資家の皆様へ「2012年3月期 ストリーミング配信
※2:2012年4月26日SBIホールディングス株式会社 株主・投資家の皆様へ「2012年3月期 決算説明会資料




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.