北尾吉孝日記

2014年7月の記事:20 件

『中国情勢の今』というブログを今月17日に書きましたが、韓国にとって中国は「最大の貿易相手国、最大の輸出相手国、最大の輸入相手国、最大の海外投資先国で、両国間貿易額は韓米、韓日、韓欧の貿易総額を超えた...

先々週金曜日に投稿した『孫さんは「大ボラ吹きの大夢語り」か』に対して、小山田泉様より「強く夢を持った人のイメージとは物凄いものなのだと思います。(中略)強烈なまでのイメージというものは、既に実行力を内...

今、ピッチャーとして2軍でもがくあの人は、8年前の夏頃「ハンカチ王子」と称され正に世間の注目の的でありました。 その時、同じくエースでありながら彼程の脚光を浴びなかった人が、今や世界で名声を博すピッ...

勇気ということに関して、フランスの小説家・スタンダールは、「イタリア人の勇気は怒りの発作であり、ドイツ人の勇気は一瞬の陶酔であり、スペイン人の勇気は自尊心の現れである」と言っています。 ある意味での...

先日このフェイスブック上である方から、『「貧困の連鎖とデジタルデバイド」という観点で北尾様のご見解を日記で取り扱っていただくことはできないでしょうか?(中略)児童養護施設で生活する子供達とインターネッ...

本ブログでは、「DNA鑑定で父親でないことが明らかな場合、法律上の父親と子どもの関係を取り消せるか」が争われた訴訟の上告審で、最高裁判所第一小法廷(白木勇裁判長)が先週木曜日に示した「取り消せない」と...

『謎解き難し信長の最期』

2014年7月23日 17:40

室町時代に流行した幸若舞(こうわかまい:曲舞系統の簡単な舞を伴う語り物)の「敦盛(あつもり)」の中に、「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」という一節があります。 此の意味は、「下天(...

『いま日本に国士あり』

2014年7月22日 17:05

此の連休中に10冊位の本を読みました。その内の一冊が文部科学大臣・下村博文さんがお書きになられた『9歳で突然父を亡くし新聞配達少年から文科大臣に』(海竜社)という本であります。 当該書籍において印象...

『経営者通信』32号(2014年6月号)よりの抜粋記事、「経営を単純化して着実に戦略を実行せよ」が、経営者通信Onlineで公開されています。 之は、松本晃・カルビー株式会社代表取締役会長兼CEOに...

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.