北尾吉孝日記

この記事をシェアする

YouTubeでも「イチロー結果は後から付いてこない」が閲覧できますが、彼は此の言葉に関して「結果は後からついてくるという感覚も多分持てないだろうし、持ちたくもない。しっかり結果を追い求めて、追いかけてそうしたい」と言っています。
結果ということで他にもイチローは、「結果がでない時に、どういう自分でいられるかが大きい。苦しいけど、頑張るというのは大事なことだと思います」とか「結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは、野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です」等々と、様々な言葉を残しています。
上記動画を見ての私の感想は一言で、『イチローらしい。流石だなぁ。「結果は後からついてくる」なんて、そんな甘いもんじゃないよね』であります。何かを成し遂げようと思うのであれば、唯ひたすら努力し続けるのみです。そういう意味においてのみ、「結果は後からついてくる」のです。
結果は後から付いてくるという場合、その結果の良し悪しには様々ありましょう。良い結果が付いてくるか否かは分かりません。それが良いか悪いかに拘らず、唯ひたすら努力し続けるしかないのです。従って必死になる中で、結果がどうこうと考えている余裕などありません。
それからもう一つ、単純に「結果は後からついてくる」などと人にコメントすることも出来ません。飽く迄も良い結果が出てくるということを相手に期待させるようには、少なくとも私には言えません。言えるかもしれないのは、「一心不乱に粉骨砕身頑張りなさい」といったことだけです。
イチローは、「人よりもほんの少し多くの苦労、人よりもほんの少し多くの努力で、その結果は大きく違ってくる」とも言っています。私が言えることは、努力・苦労の結果として結果の良し悪しは兎も角、何らかの結論が出るということです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.