北尾吉孝日記

『偉大な人とは』

2017年8月28日 16:55
この記事をシェアする

当ブログでは嘗て、「偉人は四十頃からぼつぼつスピードを掛け出すが、凡人は四十歳頃から早くも力が抜け出す」(16年10月31日)とか、「偉人と凡人の差も、結局はこの生から死への間をいかなる心がけで過ごすかという、その差に外ならぬ」(15年8月6日)といった、森信三先生の言葉を御紹介しました。
此の偉人と凡人ということで、明治時代の評論家・思想家である高山樗牛(1871年-1902年)は、「偉人と凡人との別は一言にして尽すべきのみ。彼れは人生を簡単にする者也。此れは人生を複雑にする者也」と言われています。そしてそれに続けては、「本能の命ずる所、其処に人生の最も大いなる事実あり。夫の煩瑣を以て精緻と称し、迂遠を以て妥当と為すもの、そもそも人生直下の事実を如何とか見る」と言われています。之は私には分かったような分からないような言葉に感じられます。
此の「人生を簡単にする」「人生を複雑にする」とは先ず、誰の人生を指してのものかが不明瞭に思います。また、簡単・複雑という意味は具体的に何を言うものか等、良く分からない部分もあります。高山樗牛は評論家としても一流であったのは事実ですが、上記言葉に関しては私には十分理解出来ません。
私自身、偉人あるいは偉大な人とは、「無から有を生ずる人」「不可能を可能にする人」「今まで非常識だとされていたことを常識に変える人」のどれかに該当する人、として定義しています。また、「偉大とは人々に方向を与えることだ」というニーチェの名言をよく引用したり、「本当に偉大な人とは死して尚、何代にも亘って影響を及ぼせる人」という言い方もしています。
あるいは7年程前、「人間は社会の存在なしに生きていけないのです。人間各人が社会の一員であり、相互依存関係の中で生かされてるわけです。こうしたことを自覚したとき世のため人の為という心が芽生えるのです。自分の小欲に克ち、社会の為にという大欲に生きる人が偉大な人なのです」とツイートしたこともあります。
私は、偉大とはそういうものだと思っています。ですから、偉人には人類社会の進歩発展に多大なる貢献を果たされているような人が多いのです。ノーベル賞を授与された人達は、こういう類でしょう。要は具体的に言えば、我々がより良き生活を送るべく、何かを生み出したり改善した人々が偉大だということです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.