北尾吉孝日記

この記事をシェアする

昨日「ワクチン接種2回完了、人口の5割超に 高齢者9割迫る」というニュースがありました。私どもSBIグループでは6月21日より、約12000名への接種に取り組み、2回目辞退者が135名おりましたが、ほぼ予定通りやり遂げました。
その後、2週間以上経過した2回目完了者3998名に対し、抗体検査を実施しました。陰性者131名(男89名、女42名)と、3.28%(男3.44%、女2.97%)が抗体獲得に失敗していました。此の陰性者の出現比率3.28%は、接種後の経過期間が長い程また年代が上がるに連れて増加傾向にありました。
あるいは、一度コロナに罹った人はワクチン接種の1回目で、感染歴なしの2回目完了者以上に極めて強い抗体が確認されました。その他上記詳細等は、添付スライドを御確認頂ければと思います。
本分析を巡る結論としては、第一に、抗体検査の陰性者に対し3回目のワクチン接種を行う必要があるのではないかということです。それでも抗体が出来なければ、その人はコロナウイルスに対して体質的に強い人かもしれません。第二に、抗体レベルは漸減することから、3回目接種の必要性を改めて認識しました。
第三に、ワクチンを打つ前に抗原検査も行うべきとの印象を持っています。無症状だからと打ったらばコロナに既に罹っていたということで、ワクチンを打つことで却って重症化する可能性があると認識しているからです。従って今後は問診のみならず、やはり抗原検査も実施すべきだと考えます。
以上は、私どもSBIグループの関連病院である東京国際クリニックの高橋院長らの御協力を得て作成したものです。情報という意味で何かの御参考になれば幸甚です。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.