北尾吉孝日記


民主党は09年の衆院選で300議席超を獲得し、政権の座に就いた。しかし、消費税増税をめぐる意見対立を引き金に小沢一郎衆院議員らが12年に離党。同年の衆院選は57議席と惨敗し、下野した。16年に民主党と維新の党が合流した民進党は156人で発足したが、1年半後に立憲と希望の党へ分裂。民進に残った議員と希望の大半が一本化して国民が結成されたものの、立憲と同様に中規模にとどまった。
上記は、『終止符打てるか「負の歴史」 離合集散の8年―合流新党、民意受け皿へ正念場』と題された記事の一部です。そもそも旧民主党というのは「合流を繰り返して発展した」もので、「小選挙区比例代表並立制で衆院選が行われた(平成)8年に旧社会党と旧新党さきがけの一部が合流、(平成)15年には旧自由党と合併」する等、ある意味烏合の衆化した政党でありました。
これまで当ブログでも時機に度々指摘した通り、中国古典流に言えば政治は三つの要素に分かれます。第一に政治の政に道と書く「政道」というもので、時代劇などを見ると「天下の御政道」というようなことがよく出てきます。政道とは正に政治の根本中の根本であり、その国の君主なり皇帝なりが行う政治の思想・哲学に当たる部分です。
そして、その政道を踏まえ活用しながら如何に具現化・具体化して行くかを「政略」と言い「政策」に繋がって行くわけですが、一番大事なのは思想・哲学であって政道の違いを象徴しているのが各政党であります。政党は本来政党たる役割をきちっと果たすべく、政道・政略を踏まえた政治を実現して行かねばならないのです。
しかし、上記の如く旧民主党を起源とする各野党は、此の政道・政略の相違を無視し、象徴的には共産党とまで組むような単なる党利党略だけの結び付きでしたから、時間の問題で嘗ての社会党のように自滅に繋がる烏合の衆に過ぎなかったのです。今回もまた、例えば国民民主党の前原誠司さんが早々に出された次の言葉、「共産党と協力する政党に行きたくない。憲法観、自衛隊、天皇制、日米安保、あるいは消費税といった内政のみならず、外交・安全保障の考え方が全く違う政党と協力する野党共闘にくみすることはできない」からも、共産党を巡っての考え方が一番大きな影響を与えていることが窺い知れます。
何れにせよ、党としての主張の根本となる思想・哲学の部分で同意が得られない中での政党運営は、極めて難しいということです。時間の問題で分かれて行くわけで、その時間が今回こういう形で来た、ということだろうと思います。一昨昨日、国民民主党代表の玉木雄一郎さんは『なぜ「分党」なのか 〜 立憲民主党からの合流提案について』と題したブログの中で「決断にいたる思いや経緯について、改めて説明」されていましたが、一つ政党として位置付けるべく私は分かれた方が良いと思っています。
そして今後最大の焦点の一つとなるは、国民民主党が旧民主党・旧民進党から組織と共に引き継いだ資金を巡る、次に指摘されるような争いです――国民は平成30年分の政治資金収支報告書で、翌年への繰越額108億円を計上した。一方の立民は18億円に止(とど)まった。資金力の差は歴然である。立民が合流を呼び掛けたのは、国民が保有する資金目当てとみられないか。見過ごせないのは国民が保有する資金の行方だ。統一地方選や参院選で目減りしたが、それでも50億円あるとされる。
此の合流につき、例えば日本維新の会代表の松井一郎さんなどは「選挙が近づいて金と票をどう確保するかという話で、浅ましい。帰ってきた民主党だ」と批判されておられます。国民民主党の残存資金を出来るだけ持ち込みたいという立憲民主党代表の枝野幸男さんの考え方もあって、下手をすると単に玉木さんの一派が放り出されて終わりという結末も有り得るかもしれません。今回玉木さん以下何人付いて来るのか分かりませんが、結局また小さな集団になり取り敢えず日本維新の会に、そして最終的には自民党に吸収されて行くといったことに、なり得るのではないかと思い見ているところです。




 

『指導者の条件』

2020年8月18日 13:15

私はピーター・ドラッカーBOT(@DruckerBOT)さんをフォローしそのツイートを日々目にしていますが、その中で今年の4月中旬、「(ウィンストン・)チャーチルが与えてくれたものこそ、道義の権威、価値への献身、行動への信奉だった」という言葉をリツイートしました。ドラッカー曰く、此の3点こそは正に当時「ヨーロッパが必要とするものだった」ということで、チャーチルを次のように高く評価しています。
――一九三〇年代の現実は、完全ともいうべきリーダーシップの欠如だった。(中略)チャーチルが自由世界のリーダーの地位につくまでは、ヒトラーが無謬の存在として闊歩していた。しかしチャーチルが現れるや、ヒトラーの命運も断たれた。(中略)もしチャーチルがいなければ、アメリカもナチスの支配に対し手を出さずに終わったかもしれないことを実感するのは難しい。
第一に道義の権威、これ程ある意味大事なものはないかもしれません。「経営者が為さねばならぬことは学ぶことが出来る。しかし経営者が学び得ないが、どうしても身につけなければならない資質がある。それは天才的な才能ではなくて、実はその人の品性なのである」とは、ドラッカーの言葉です。之は経営者に限った話ではありません。指導者が、ある意味どうしても身に付けねばならないものが此の品性なのです。道義の権威とは、正に品性・品格であります。
第二に価値への献身、社会的に意義ある事柄にどれだけ身を献ぜられるかも物凄く大事な要素です。安岡正篤先生は御著書『知名と立命』の中で、「内面的には良心の安らかな満足、またそれを外に(中略)発しては世のため人のために尽くすということ、これなくしては人間ではない。動物となんら異ならない」と述べておられます。「自靖自献(じせいじけん)…自ら靖 (やす) んじ自ら献ずる」(『書経』)ということで、ひと月前のブログ結語でも指摘した通り、此の「“靖献”は我々の人格生活上に実に適切な一語」だと思います。
第三に行動への信奉、も何時も言うように知識(…物事を知っているという状況)や、見識(…善悪の判断ができるようになった状態)だけの、「言うだけ番長…言葉ばかりで結果が伴わない人」の類では駄目なのです。見識に勇気ある実行力を備えて初めて之が胆識がある人物ということになるのです。そして自らの言をきちっとやり抜くからこそ、肚が出来た人だと世間から評価されて行くことになるわけです。知行合一的に物事を処理して行く中で、胆識を有するに至って初めて意味ありと言えるのです。
以上、偉大な指導者であったチャーチルが与えたとされる上記3点の全ては、当ブログでも度々ご紹介済みの次の指導者の条件(…私が考える君子の六つの条件)に内包されましょう。それは換言すれば、洋の東西古今を問わず、偉大な思想とは、こういうものだということです――①徳性を高める/②私利私欲を捨て、道義を重んじる/③常に人を愛し、人を敬する心を持つ/④信を貫き、行動を重んじる/⑤世のため人のために大きな志を抱く/⑥世の毀誉褒貶を意に介さず、不断の努力を続ける。




 

拙著『森信三に学ぶ人間力』の第一部・第三章、私は「“野にいた哲人”に学ぶ」と題して次のように述べました――森先生の思想は確かに(東洋の道徳と西洋のそれを融合させようとされた)西晋一郎先生(広島高等師範学校)から大きな影響を受けていると思います。しかし、私にはそれ以上に、江戸時代の中江藤樹、石田梅岩、三浦梅園といった人たちの影響を受けているのではないかと感じられます。さらにいえば、最も大きな影響を受けたのは二宮尊徳翁かもしれません。(中略)すなわち『二宮翁夜話』や『報徳記』から「真理は現実の只中にあり」「人生二度なし」という、森先生の人生を貫く二つの大きな確証を得るのです。
己の全人生を世のため人のために捧げた尊徳翁は、600以上の荒廃した村々を復興し、その過程で多額の資産を築くことが出来たにも拘らず、報奨金の全てを農村復興に注ぎ込んだ偉大な人物です。「おそらく古来尊徳翁ほどに微賎な身分から身を起こして、一般の庶民大衆にも近付きやすい大道を示された偉人は、比類がないと言ってもよい」(『修身教授録』)と思います。
森先生は、此の「尊徳翁という巨人は、日本民族の生んだ最大の思想家にして実践者」であるとされ、また「日本は二〇二五年に立ち上るであろう。しかしその再起再生の原動力になるのは、二宮尊徳の教えに基づくほかない」と言明されておられます。例えば渋沢栄一翁などは、曰く「二宮先生の遺法は…わが国家の財政上にこれを応用いたさねばならぬと考える。あくまでも先生の遺されたる以上四ケ条の美徳(至誠、勤労、分度、推譲)の励行を期せんことを希(こいねが)うのであります」とのことです。
此の「四ケ条の美徳」は正に森先生が指摘せられた、その「教え」と言えましょう。例えば一年ほど前当ブログでも御紹介した映画「二宮金次郎」の冒頭、尊徳翁は「分度:自分の置かれた状況や立場を弁え、それに相応しい生活を送ること」が如何に大切なことであるかを説かれます。『中庸』に「君子は其の位(くらい)に素して行い、其の外(ほか)を願わず」とあります。いわゆる「素行自得」という言葉でありますが、どのような環境であってもそれに応じて自らを得るということです。こうした教えと共通する概念です。日本では封建的に認識された部分がありますが、必ずしも身分だけを象徴しているものではありません。現に母子家庭・貧農出身の尊徳翁その人が、帯刀を許されるまでに成ったわけです。
あるいは「一円融合」も挙げられましょう。之は、『世の中には、対立するものなどない。敵も味方も、善も悪も、みな一つの円の中に入れて観ることだ。「一円」となったときに初めて、成果が生み出されると考えよ』といった教えです。恨みや憎しみ等の感情から全て解放され行くということで、結局私がよく言う「相対観からの解脱」とも相通ずるものだと思われます。
それから「積小為大:小を積みて大と為す」「心田開発」等々、その「教え」は未だ未だ挙げられましょう。志同じくした者が精神的にも経済的にもより豊かな生活が送れるようして行くべく、尊徳翁は、「心田」を開拓すること及び荒れた農地を開墾して行くことの二つを生涯の使命としたのだと思います。
上記の如き一つの思想哲学は、ある意味この長きに亘る日本道徳教育の中心であって、我々が子供の頃には殆どの小学校に、柴を担ぎながら中国古典を読んで歩いている尊徳翁の像がありました。しかし近年その撤去が著しく進んでおり、私は「日本人も此の優れた先達の教えを何故教えるのをやめるのかなぁ」と、つくづく残念でなりません。「金次郎さんの像」については嘗て、「今日の森信三(505)506)」として次のようにツイートしたこともあります。
――金次郎さんの姿は、年端もゆかない少年の身でありながら、父を失った貧しい中から起ち上がり、刻苦精励して、後には多くの貧しい人びとを救ったその人生へのスタートを浮き彫りにした像なのであります。すなわち、その超凡なエネルギーが、そもそも如何なるところに基因するかということを象徴している姿であり、それは勤労と勉強という、ともすれば結びつき難いこの二つの働きを、一身の上に切り結ばせつつ動的に統一している、最も具体的な人間像と言ってよいでしょう。二宮尊徳は、それを踏まえつつ、やがて広大な世界観と人生観を築き上げると共に、そこから強靭無比なエネルギーが絶えず噴出して、その生涯を救民済世のために、文字通り東奔西走した、民族の代表的巨人の一人というべきであります。
我国の人民の中で、例えば映画「二宮金次郎」にしろ、その翁の人間力・生き様・高い志を見、感動を覚えない日本人は略(ほぼ)いないと思います。私自身非常に感動を受け涙しながら見たもので、描かれている翁の教えの偉大さに多くが深く感銘を受けることでしょう。当社グループや投資先企業でも研修に用いる当該映画ですが、皆様におかれましても是非その教えに学ぶべく一助とされてみては如何でしょうか。




 


Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.