北尾吉孝日記


我々が20年程前に立ち上げたSBI証券は、新しいインターネットのテクノロジーを駆使して、顧客便益性を高め手数料を徹底的に安くし、多くの投資家の賛同を得て今日の隆盛に至っています。顧客便益性を高める、投資家利益を追求する--創業以来の顧客中心主義というのが、我々の正に基本的な事業の精神であります。今日でもその気持ちは全く変わることなく我々は更にそれを達成するために、フィデューシャリー・デューティを投資の世界に徹底的に浸透させるべく、色々な技術革新を取り入れながら事業展開を進めています。
そういう意味では、今回日本経済新聞が「日本版フラッシュ・ボーイズ」などと題されたアイキャッチングな記事を書いていますが、私から言わせれば十分な検証なくして軽々に記事化すべき事柄ではないと思います。『米作家マイケル・ルイス氏が2014年に著書「フラッシュ・ボーイズ」で描いた米国株市場の状況が、日本でも繰り返されようとしている』 とは、余りに不勉強甚だしく幼稚な記事と言わざるを得ないものです。
上記書でマイケル・ルイス氏は、『株式の超高速取引トレーダーに売買注文で「先回り」される一般の小口投資家が不利益を被っている』とか「通常のデータ供給に頼っている市場参加者を超高速トレーダーが出し抜く構造的な要因がある」というような主張を行いました。対してそれが正しいか否かをデータ分析により検証したのが、米国カリフォルニア大学バークレー校のロバート・バートレット氏、及びジャスティン・マクラリー氏の両教授です。
その結果は「How Rigged Are Stock Markets? Evidence From Microsecond Timestamps」と題された51頁から成る論文に纏められており、結論としてマイケル・ルイス氏の主張は妥当ではないというふうになりました。以下ロイター記事よりの引用を御紹介しておきますが、私は此の論文につき極めて正しいやり方で検証を行ったものとして高く評価しています。

【フラッシュ・ボーイズが掲げた2つの理論は実際に証明されていないと指摘。1つ目のマーケットメーカーが最適な価格を提供しないことで顧客を欺いているという考え方は「正しくないことが分かった」と述べた。さらにもう1つの超高速トレーダーがより素早く売買注文情報を入手して一般に出回るよりも前に取引を執行しているという説も「現実には起きていない」という。このため両教授による調査では、SIP(セキュリティ・インフォメーション・プロセッサ)と呼ばれるシステムを通じてより遅いスピードで供給される価格情報を用いる投資家が、不利な立場に置かれている証拠は乏しいことが判明した。】

我々はと言うと、欧米でグローバルスタンダードと現在なっている注文形態TIF(タイム・イン・フォース)の導入によって、SBI証券の顧客全体で見た場合、実際に定量的にも非常に大きなメリットがあるということも我々自身の実証データから得ています。即ち、月間の約定価格の改善効果が約4000万円、手数料割引が約550万円ということで、此のエビデンスからも上記の両教授の実証分析は妥当であり、大いに投資家を利するものであると私は考えています。
更に言えば今回日経は、2019年10月からのTIFで、板乗りする僅かな時間にアルゴリズムを使うHFT(ハイ・フリークエンシー・トレーディング)が個人投資家の注文を先回りしている可能性がある、と論ずるわけですが、そもそもHFTは元よりどの投資家においても、東証に「いつ、いくらで、どれだけ」の注文が回送されるかは、原理的に確定情報は知り得ないのです。

●PTSの注文は、SBI証券の顧客の注文であるかも含めて、誰の注文か分からない。
●PTSの注文が、SBI証券の個人投資家の注文であったとしても、当然、それがPTSで約定し、東証に全く回送されない場合がある。東証に回送される場合であっても、「成行」であるのか、「指値」であるのか、指値の場合に「いくら」であるのか、また、PTSで一部約定する場合もあるため「何株」であるのか、分からない。
●PTSの注文は、当然、全市場参加者が見られる情報であり、HFT業者も含めた多数の市場参加者が存在するため、ある一つのHFT業者が先回りしようとしても、個人投資家も含めた他の市場参加者がPTSの注文を取りに来る場合も容易に想定される。
●そもそもSBI証券の個人投資家は、発注毎に「SOR」、「東証」、「PTS」から選択することができるが、「SOR」ではなく「PTS」を選択して発注している場合は回送されない。こうした顧客の選択については、HFT業者も含めてどの投資家も板情報から判定することはできない。

こうした状況をよく調べずして記事を書くことは、革新的技術を使いながら更なる投資家利益を追求しようとしている我々にとっての理由なき誹謗中傷であり、我田引水的な論説と言わざるを得ないわけです。記者が余りにも不勉強で専門的知識を習得すること無く、唯唯特ダネ記事のような調子で全く魅力の無い記事を書いている、としか言えません。
また、我々が考えている売買手数料ゼロ化というのは既に米国で起こり出していることであって、それを具現化すべくHFTのリベートがどうといった類とは全く関係のない話です。本日出された「日本版フラッシュ・ボーイズ」の(下)ではリベートと関連付けられていますが、我々はそんなつもりは毛頭ありません。勝手な妄想でSBIグループを誹謗中傷する者とは、私は断固として戦います。
私は先ずブローカレッジのコミッションを全体の5%にし、それを前提として手数料を無料化にするという基本方針を立てています。そしてそれが5%以下になりますと手数料ゼロ化の影響はそれ程大きなものではなく、同時に之による御客様の増加で補って余りあることだと確信しています。
チャールズ・シュワブのCEOが言うように、時代の流れとして不可避的なものは先にやる者が基本的にはメリットを得、やらなければ負けるのです。我々はこれからも、顧客中心主義に基づいて徹底した合理化とテクノロジーの最大限の使用を心掛けます。之が、我々のスタンスであります。




 

『小泉進次郎環境相に思う』

2019年11月12日 17:30

第4次安倍第2次改造内閣の発足から、ふた月が経過しました。本改造人事の「目玉」として環境相就任を果たした小泉進次郎氏はと言うと、当初「気候変動や原発処理水をめぐる自らの発言が批判を浴び」、与党内でも「化けの皮がはがれ始めた」との指摘もあったようです。そして次第に発言に慎重になって行き、昨今「進次郎節」を封印していると報じられるようになっています。
2週間程前にも『「次期首相」トップは小泉氏の20% 日経世論調査』と題された記事がありましたが、今の段階で近い将来総理になるか否かといった議論は余り意味がないと思います。勿論、「栴檀(せんだん)は双葉(ふたば)より芳(かんば)し」という「白檀(びゃくだん)は発芽のころから香気を放つことから、大成する人は幼少のときからすぐれているというたとえ」もあります。
他方で、大器晩成という言葉もあります。安岡正篤先生曰く、「人は自然が晩成した大器だ。(中略)だから、自然の法則は人間においても同じく、人間は、早成する、早く物になるというほど危ないことはない。人間もなるべく晩成がよい」ということであります。「本当の大器量、大人物はそんなにちょこちょこっとできあがるものではない、ゆっくり時間がかかるもの」なのです。
先ず以て総理になるためには、それなりの勉強・修養をして行かねばなりません。総理は何もかもを分かっておく必要もないですが、やはり人望というものは極めて大事です。人望を持つとは、イコール修養するというプロセスが必要で、それはそう簡単に出来るものではありません。ある程度時間を掛けながら自分自身を磨く中で、どういうふうにその人が伸びて行くのかということです。
あるいは、一人で何もかも出来るわけでありませんから、総理になるべくは正に賢才を登用していくための目を養うことが極めて大事です。国家の発展を考える場合、トップが如何なる賢才を集め、彼らを信用(…信じて任せて用いること)し適材適所に配置して、その人達にどんどんと活躍して貰わねばなりません。
また賢才を挙げる時でも、才のみで人を評価せず、やはり徳のある者を評価して行くことが大切です。何故なら人徳ある賢才の下には沢山の優秀な行政官等が集まるわけで、大臣たるは少なくとも佐藤一斎の『重職心得箇条』にあるようなレベルで、その役目をきちっと吟味しなければなりません。
ジョン・F・ケネディやビル・クリントン、バラク・オバマ等々40代で米国大統領に就任したケースも多数ある一方で、十分に鍛えられることなくそれなりの人間が出来ておらず、大臣になって直ぐに駄目になるようでは仕方がないと思います。大器晩成の対句に小器夙成(しゅくせい…幼時から学業などができあがり、大人びること。早熟。早成)という言葉もありますが、未だ38歳・初入閣の小泉氏に今総理の器かどうかの結論を下すのは難しいのではないでしょうか。マスコミも余りに早く若い芽を摘むような報道は慎むべきだと思います。




 

『スタミナを持つ』

2019年11月5日 19:10

私は嘗て、『人生を生きて行く上で大事なこと』(10年3月2日)と題したブログの中で、次の通り述べたことがあります――鉄血女史のサッチャー元英国首相は「指導者の条件」として「①スタミナを持つ、②決断力、③説得力、④孤独に耐える、⑤家族の協力を得る」の5つを挙げています(中略)。如何に自分を律するのかということとスタミナというものの関わりには非常に強いものがあります。
先ず②決断力および③説得力というのは、指導者の条件として特段の指摘を要さないでしょう。また⑤家族の協力を得るというのも、ある意味当たり前の話です。取り分けサッチャー元首相は一人の母親でしたから、家族の協力を得ねばならない事柄が沢山あったのではないかと思われます。その時「孝」に貫かれた親子の信頼関係を醸成していれば、当然ながら子供とは協力を得ることが出来るでしょう。夫との良い協力関係は、別な形で作って行かなければならないでしょう。
ちなみに、此の孝の字義より述べますと、孝の字は「老」と「子」に分かれます。即ち孝というのは、「年をとって腰の曲がった老人が杖をつく形が老であり、それを子が支える形」、「年長の者が年下のか弱い者を庇(かば)う形」です。親と子が双方から慈しみ合い、力を合わせて労(たわり)合い、助け合う姿が孝というものであります。
次に④孤独に耐える、とは一面で正しいと思います。要するに、様々な衆知を集め色々な人の意見は聞くものの、最終の断を下す部分は独りで行い、その責任は自分が負わねばならない、といった意味において常に指導者は孤独です。但し、判断に至る迄の間は決して孤独ではありません。何故なら英知の結集に努めるわけですから、必ずしも孤独であるということではないと思います。
最後に①スタミナを持つというのは、当ブログにて本年8月にも触れた骨力(こつりょく)の話です。私としては、上記指導者の条件5つの内で之が一番大事だと捉えています。私が私淑する明治の知の巨人・安岡正篤先生も、「人間の徳性の中でも根本のものは、活々している、清新溌剌ということだ。いかなる場合にも、特に逆境・有事の時ほど活々していることが必要である」と述べておられます。人間やはり此の骨力というものが、極めて大事だということです。
骨力とは、安岡先生によると「人生の矛盾を燮理(しょうり:やわらげおさめること)する力」のこととも言え、人間本来持っている生命力(…包容力・忍耐力・反省力・調和力等)のようなものを指して言います。平たく言うと「元気」であって、骨力から気力・活力・性命力が生み出されます。
そうして骨力が気力を生み、次第に精神的に発達すると生きる上での目標・目的となる「志気」「理想」を持つようになるわけです。冒頭「如何に自分を律するのかということとスタミナというものの関わりには非常に強いものがあります」と書きましたが、私は全て此の骨力と関係していると思っています。




 


Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.