北尾吉孝日記


「最強2位が考える1位との差 大学スポーツの将が語る」(17年02月24日)という記事の中で、東海大学ラグビー部の木村季由(ひでゆき)監督は「帝京大に勝てなかった理由」を問われて、「強みを磨いて武器を作り、相手の強みを消すのが鉄則だと考えています(中略)。一つを使えなくしても、違う引き出しでゲームを組み立てていく強さやバランスの良さは1枚も2枚も上でした」と答えられていました。
先ず、何事によらず未来永劫1位と2位が変わらないということはあり得ません。これまでの1位が消え去るとか2位が1位になるとか、或いはどちらも消え去るといった具合に様々な状況が生じますから、私は「1位かくあり」と一概には言えないと思っています。
また、「勝負は時の運」という部分もあるかもしれません。状況をよく見つつ代替案に移行出来る柔軟性が、常に求められます。『易経』にあるように、「窮すれば即ち変ず、変ずれば即ち通ず」です。そういう意味では、上記した「違う引き出しでゲームを組み立てていく強さやバランスの良さ」は、非常に大事になると思います。
また、勝負というものには相性の善し悪しがあります。それは実力差は然程ないものの、何となく何時も負けているようなケースを言うものです。他方、相手との力に大きな開きがある場合、チームの構成員夫々が持っているパワーに違いがあるケースが殆どです。
そして、その優秀な個々人が纏まって作り上げて行くチームがチームとして同じベクトルに向かう時、1位を持続出来たりするようになるのだろうと思います。それは例えば勝ち方についても、誰しもが「ああしたら良い」「こうすべきでは」と議論するわけでなく、監督が判断し、その命令一下直ちに皆夫々の持ち場でベストを尽くして遣り切れるということです。
最後に、個々人のパワーの違いと共に重要な問題は、監督がメンバーを適切な持ち場に配置できているか否かです。『論語』の中にも「其の人を使うに及(およ)びては、之を器(うつわ)にす…上手に能力を引き出して、適材適所で使う」(子路第十三の二十五)という孔子の言葉があります。チームとして全体を上手く持って行くべく適材適所に努めねば、何事によらず中々勝ち続けることは出来ないでしょう。




 

『事業の成功』

2017年8月4日 16:20

BUSINESS INSIDER JAPANに先々月17日、『グーグル会長が語った「価値を生み企業を成長させる人材のたった2つの資質」とは』という記事がありました。エリック・シュミット氏曰く、「知識経済においては、根気強さと好奇心の組み合わせが成功を収めるかどうかの最高の指標となる」ということです。
私も嘗て、『「しつこさ」と粘り、「かわいさ」と愛嬌』(14年7月11日)や、『努力の重要性~人間の差を生むもの~』(12年7月26日)と題したブログを書いたことがあります。ですから、根気強さは大事なことだと思いますし、好奇心も非常に大事だと思っています。但し、「成功を収めるかどうかの最高の指標」かどうかと言われれば、少し違うような気がします。
「価値を生み企業を成長させる」ためには、先ず事業の根幹に世のため人のためということを据えねばなりません。世のため人のためになるサービスを提供したり製品を作って、適正利潤を乗せて競争に耐え得る価格で販売していたら、基本赤字になることなど無いと思います。
従って、世のため人のためになるものは、今現在はっきり分かっているよりも、これから後そうなるだろうと先見する方が、非常に大事になると思います。確かな先見性(、先見の明、目利き力)を持ち近未来を予測して、時間の経過と共に需要が増え売上が伸びて行く事業を選び出すということです。
此の辺りの話については当ブログでも、『世の中の一歩先を行ったらあかん』(15年9月7日)、あるいは『商売というもの』(16年8月22日)等で触れたことがありますが、つまりは如何なる方向に世が動いて行くのかを、人より先に捉え、人より先に動く中で勝機を掴むということに繋がるのです。
そうして方向性を見出して動き出したら、時代の先を行っているわけですから、時代が追い付いてくるのを待たねばなりません。それに耐え軌道に乗せて事業を続けて行こうとする時に、冒頭挙げた粘りや根気強さといった類が大事になってくるでしょう。成功を収めるためには、若干のタイムラグを持って大きな波が押し寄せてくるとの確信を抱きながら、世のため人のためチャレンジし続けて行くということでしょう。




 

『知的な人とは』

2017年8月1日 17:05

「知的であるかどうかは、五つの態度でわかる」(15年09月08日)と題されたブログ記事では次の五つ、「異なる意見に対する態度」、「自分の知らないことに対する態度」、「人に物を教えるときの態度」、「知識に関する態度」、「人を批判するときの態度」が、知的か否かの判断基準として紹介されています。
国語辞書を見ますと、知的とは「知識・知性の豊かなさま。また、知性の感じられるさま」と書かれており、また知性とは「物事を知り、考え、判断する能力。人間の、知的作用を営む能力」と書かれています。
「どのような人物が知的なのか」について私見を述べますと、「多様性を受け入れられない人」、「柔軟な思考力を持っていない人」、「凝り固まって自分の殻から出られない人」は、少なくとも知的ではないと思います。
『論語』の「子罕(しかん)第九の四」に孔子の言、「意(い)なく、必(ひつ)なく、固(こ)なく、我(が)なし」があります。之は、「私意がない、無理を通すことがない、物事に固執することがない、我を通すことがない」ということです。
「中庸の徳たるや、其れ至れるかな」(雍也第六の二十九)と言うぐらい、孔子は中庸を最高至上の徳とし、バランスを保って行くこと、バランスの取れた人間になることを大変重要なものとしていました。此の中庸の徳を養うべく、孔子が実践したのが上記の「四(し)を絶つ」ということで、それにより自分自身を鍛錬したわけです。
こうして自らを律し「意必固我」を排除する中で、孔子は非常にバランスの取れた人間となりました。従ってそういう意味では「意必固我」を取り除いた時に、ある種の教養人というか知的な人というのは出来上がってくるのではないかと思います。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.