北尾吉孝日記


現在マリナーズで球団会長付特別補佐兼インストラクターを務められているイチローさんは、嘗てプレッシャーに「立ち向かってクリアしないと、何かを越えられない」と言われていました。イチローさんは「プレッシャーから解き放たれるのは不可能」との境地に至り、04年「その苦しみを背負ってプレーするしかない」との「軸」を定められ今日に至るようです。
上記に関し私見を申し上げるとすれば、プレッシャーが無い人あるいはプレッシャーを避けて行く人は、基本的に成長しないと思います。プレッシャーの中で自分を鍛えて行き、そのプレッシャーに打ち克ってこそ、人間ある意味成長して行くことが出来るのだと思っています。
5年程前『為せば成る 為さねば成らぬ』と題したブログで、五輪3連覇を成し遂げられた柔道家・野村忠宏さんの次の言葉を御紹介したことがあります--負けたらもう4年後しか取り返せない。日常には感じられないプレッシャー、不安、孤独と向き合う。何とかなるとか、楽しんでやろうとか、そういう甘い世界じゃない。
ステージは違えど私自身もこれまで『詩経』の小雅(しょうが)・小旻(しょうびん)にある詩の一節、「戦々兢々として、深淵に臨むが如く、薄氷を履むが如」き、そろそろと一歩を踏み出すような体験を何度もしてきました。「何とかなるとか、楽しんでやろうとか、そういう甘い世界」ではありませんでした。
次から次に押し寄せるプレッシャーに向き合い続け来る日も来る日も眠れぬ夜を過ごし、その中で如何にすべきかと考え抜かざるを得ない環境下に置かれた、人間それを克服して後大いなる自信が生まれ更にスケールが大きくもなるものです。そして当時を述懐するに、何故こうした馬鹿馬鹿しくなるような事柄でプレッシャーを感じていたのだろうか、というふうにも思って行けるようになるでしょう。
自信とは自らに対する信頼であり、困難を克服できた時に初めて本物になるものです。「艱難(かんなん)汝を玉にす」という言葉がありますが、本物の自信を得たいと思うならば、イチローさんのように敢えて「自分への負荷をかけてい」き、それと戦い克ち続ける必要があるのです。
成長する人は、プレッシャーを一つ乗り越えたら又次なるプレッシャーと向き合う、といった具合に、能動的に常々プレッシャーの中で己を磨き続けています。前途いつも新しい障害があり、それに挑戦しクリアする意志があるわけです。プラトンが「勝つは己に克つより大なるはなし」と言うように、所謂「克己心…自らに打ち克つ精神」は何をするにも一番大事だと私は思っています。
「つとめても なおつとめても つとめても つとめたらぬは つとめなりけり」という道歌があります。努力を止めたらば、成長はそこで止まってしまいます。プレッシャーを素直にプレッシャーと感じながらも、それに打ち克つべく自分自身を厳しく律し常に最善の努力をし続ける姿勢を持つことが大事なのです。人間的な成長の差は、そうした所から出てくるのではないかという気がします。




 

『人物を見極める』

2021年3月15日 12:15

先日Twitterを見ていましたら、「相手のウソを見破るポイント」9点が次の通りツイートされていました――①やたら顔を触る、②手をポケットに入れたり背中に回したりして隠す、③ソワソワしだす、④表情と動きが合っていない、⑤頷きや瞬きが増える、⑥言葉に詰まる、少なくなる、⑦応答がギクシャクする、⑧反応が速くなる、⑨饒舌になる。
言うまでもなく世の中嘘つきは沢山いますし、「嘘も方便…嘘は罪悪ではあるが、よい結果を得る手段として時には必要であるということ」の如き側面もないこともないでしょう。しかし人間、嘘をつかれると好い気はしません。ですから、嘘をつくような相手とは基本付き合わぬようにして行くものです。
では如何様に嘘つきか否かを見分けるべきかと言えば、例えば『論語』の「李氏第十六の四」に、「直(なお)きを友とし、諒(まこと)を友とし、多聞(たもん)を友とするは、(えき)なり。便辟(べんぺき)を友とし、善柔(ぜんじゅう)を友とし、便佞(べんねい)を友とするは、なり」とあります。つまり孔子は、「正直な人、誠実な人、色んなことに通暁(つうぎょう)している人を友とするのは有益である。こびへつらう人、あたりさわりは柔らかいが誠実さにかける人、心無く口先だけの人を友とするのは損だ」と言っているのです。「益者三友、損者三友」ということで、私も全くその通りだと思います。
次に此の益者か損者かを見極めるべく如何に処すべきかを述べますと、これまた孔子のに従えば『論語』の「為政第二の十」に、「其の以(な)す所を視、其の由(よ)る所を観、其の安(あん)ずる所を察すれば、人焉(いずく)んぞ廋(かく)さんや、人焉んぞ廋さんや」とあります。つまり、「人の一挙一動を見て、これまでの行為を詳しく観察し、その行為の動機が何なのか分析する。そして、その人の安んずるところ、つまり、どんな目的を達すれば満足するのかまで察する。そうすればその人の本性は隠しおおせられるだろうか?決して隠せおおせないものなのだよ」と孔子は言うのです。「視・観・察」ということで、人を見抜く基本的な方法として確かにその通りだと思います。
私どもSBIグループでは、社員に時々課題を与え小論文を書かせていますが、それは単にその人の知識レベルを計るためではありません。分かり易い例で言うと、コピペで他人の思考・判断・経験等を手間なく利用し恰(あたか)も自分自身の如く文章に纏めてはいるものの自分で考えた痕跡が略(ほぼ)ない人、他方、多くの論理矛盾を抱えてはいるものの少なくとも自分の頭で一生懸命考え抜いた痕跡が残っている人、がいたとします。その場凌(しの)ぎで上手く行ったら高評価が貰えるのではといったコピペは、ある意味カンニングと一緒で誠実とは言えないでしょう。私はそうした小論文から、その人の関心・好奇心あるいは考える力がどれ程の深さであるか、そしてまた、その人が誠実な人であるかどうかを見ているのです。
以上、「益者三友、損者三友」及び「視・観・察」につき述べてきましたが、率直に申し上げれば、実際問題「人焉んぞ廋さんや」とは中々簡単には行かないものです。人を見分けるは極めて難しいがため、嘘をつかれることも裏切られることも沢山ありましょう。但し、そうした一つ一つを幾つも経て後に多少人を見るの明というのが出来てくるような気がします。ある程度年を取り色々な経験をしてこないと分からぬ側面も多分にあるのかもしれません。我がグループの中では顧問を別とすれば私が一番の年寄りですから、人を採用するに必ずその人物を見極めて行くべく心掛けています。




 

プレジデントオンラインに半年程前、『僧侶に聞く「生きがいが無い人は、今後の人生をどう過ごしたらいいか」悩みがゼロになる秘訣は「中道」』と題された記事がありました。看護師・僧侶である筆者曰く、「生きがいは持たなくていい」ということで、之が「中道」であるとされています。
此の「中道」は儒教流に言えば、「中庸」であろうかと思います。「中庸の徳たるや、其れ至れるかな…中庸は道徳の規範として、最高至上である」(『論語』雍也第六の二十九)ということで中々そこには到達し得ない徳ですが、私見を申し上げれば「悩みゼロ」が「生きがい」になるという事と中庸とは余り関係ないような気がします。
人間何ゆえ悩むかと考えてみるに、自分の目算外れとか自分の不運を嘆くとか、様々あろうかと思います。そうした悩み或いは悲観的な思考を打ち破ろうとしたら、それは私が何時も言うように「天に任せる」「運に任せる」ということです。「任天・任運」は人生を良き方に向かわせるべく、大切な考え方であります。何か上手く行かないことがあったとしても、「これは天が判断したことだから、くよくよする必要なし」と受け止めるのです。「失敗でなく、こうなった方が寧ろベターなんだ」とか、「将来の成功を目指しその失敗を教訓にしなさい、という天の采配かもしれない」とかと、考えれば良いのです。こうして天にその全責任をある意味押し付けて生きたらば、気がぐっと楽になり余計な悩み無くして常に前向きでいられると思います。
孟子』の中に、「天の将に大任を是の人に降さんとするや、必ず先づ其の心志(しんし)を苦しめ、其の筋骨を労し、その体膚を餓えせしめ、其の身を空乏にし、行ひ其の為すところに払乱(ふつらん)せしむ。心を動かし、性を忍び、その能(あた)はざる所を曾益(ぞうえき)せしむる所以(ゆえん)なり」とあります。人生、予想もしないような困難にも遭遇します。そんな時不遇を嘆くのではなく、天が次なる飛躍のため準備段階として己に与えたもうた試練だと思い、そのままを素直に全て受け入れ全てを天に任せる、といった態度が一番良いのではないかと私は思っています。
一種の相対観に基づき悲観的な見方ばかりをする中で生きていますと、人間僻(ひが)みっぽくなりますし大体性格が悪くなるものです。「あの人はどの学校を卒業した/私はこんな学校しか出ていない」「あの人は金持ちだ/私は貧乏だ」「あの人は美しい/私はブス」「あの人は賢い/自分は愚かだ」--明治の知の巨人・森信三先生が言われる通り、あらゆる苦は相対観から出発します。そうした相対観が如何に虚しいものかを知れば、人間の苦はなくなります。「天は二物を与えず」と言うけれども、別に別嬪でなくとも非常に性格が良く気立てが良くて世間から大変な評価をされ、結果として幸せな家庭を築くことが出来る女性も数多いるでしょう。
あるいは「賢愚一如」という言葉がありますが、我々人間を創りたもうた絶対神から見れば、人間の知恵の差など所詮微々たるもので、人間の差など意味がないのです。例えば『論語』の「先進第十一の十八」に、「柴(さい)や愚。参(しん)や魯。師や辟。由や喭(がん)」とあります。一番弟子の顔回が生きていれば孔子を継ぐのは勿論顔回なのですが、顔回は孔子より先に死んだがため、結果として参(曾子)が実質的に孔子を継ぐことになりました。それは、孔子の言葉にある通り曾子は魯(のろま)であり少し愚鈍なのですが、鈍であるからこそ、それだけ毎年こつこつ積み上げて行く努力を一生懸命し続けて、多くを身に付けたからです。天才である必要性もなければ、曾子の如く鈍であっても構いません。やはり一番大事なのは、ぐだぐだ悩まずに唯ひたすら努力をし最終的な結果に対しては、「任天・任運」に徹するということです。
世の全ては最終的に、辻褄が合うように出来ています。良きを受け有頂天になっているでなく、悪しきを受け悲嘆に暮れることなく、また良い事柄があると思い生きて行くのです。「禍福は糾える縄の如し」「人間万事塞翁が馬」というように、何が禍になり何が福になるかは分からぬものです。どんな結果もその方が良かったとして事柄全てを捉えると、次に向けてよりポジティブに考え易くなるでしょう。「生きがい」が有るとか無いとか持たなくて良いとかと、騒いだところで仕方ない話です。それよりも、今その時与えられている仕事等に一生懸命取り組む中で、自分の天命とは一体如何なるものかを模索し続けることが大事です。二宮尊徳翁が「積小為大…小を積みて大と為す」と説かれるように、人生は積み上げて行くものであります。本物の人物になって行くために、「人事を尽くして天命を待つ」のです。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.