北尾吉孝日記


ふた月程前、私は落合陽一さんの次の言葉をリツイートしておきました--理解されるのを待っていたら薄まってしまう,成功するまでやっていたら動けなくなってしまう.誰かに理解されるより先に次の行動に移すこと.
何らかの言動を取るとかアクションに移すというのは、周りの人や社会に対し何らかの影響力を行使しようとする意図があります。但し、何らかの影響力を行使することと人に理解されることは別問題です。
拙著『逆境を生き抜く名経営者、先哲の箴言』の中で取り上げた創業経営者の一人、阪急グループ創始者の小林一三さんは「百歩先を見たら狂人と言われる。しかし足元だけ見ていたら、置いてきぼりを食らってしまう。したがって、十歩先ぐらいを見るのが一番いい」という言葉を残されています。
何らかの言動やアクションが時代の先を行き過ぎたらば世に狂人扱いされないまでも、誰も相手にしてくれない・誰も分かってくれないといった状況になりがちでしょう。そして何時の間にやら、その人の支援者が誰もいなくなるといったことにもなり得ます。他方で人に分かって貰える場合もあります。
私は、世の毀誉褒貶など一々気にせずに自分が自分の良心に従って正しいと思う事柄・世のため人のためになると確信する事柄を全身全霊で徹底的に遣り上げることが大事だと思っています。その結果として、一般に理解されることもあるでしょうし、間違っていて失敗することになるかもしれませんが、少なくとも自分自身の良心に問うてどんどんと挑戦し続けて行けば良いのです。
勿論、時として誤解されたり誹謗中傷を受けたりもするでしょう。例えば前々回のブログで御紹介した出光興産株式会社の創業者、出光佐三さんも長年に亘って大変な闘争を続けてこられたが故、毀誉褒貶の多々あった人物で「国賊」とまで言われ色々な形で大変な苦労もされた方です。
しかし出光さんは、「いじめられるということがわれわれにとっては鍛錬であり、わたしは非常に感謝をしておる。日本の政府までが外国の石油カルテルといっしょになって、出光を鍛錬してくれる。このようにいじめられて、鍛錬されたところに、今日の出光の強さができ」たと述べておられるように、「艱難(かんなん)汝を玉にす」と言い聞かせ非常に良い会社を創って行かれたのです。
「Heaven helps those who help themselves…天は自ら助くる者を助く」というがあります。何かを少しやってみて、誰一人理解してくれないとして、直ぐに止めて仕舞うのでは仕方がありません。「俯仰(ふぎょう)天地に愧(は)じず」(『孟子』)自らの心に一点の曇りなきことを、世のため人のためと思い自分の使命として次々に堂々と為して行くならば、人の助けのみならず天もまた助けてくれることでしょう。




 

『某大臣の発言に思う』

2021年7月13日 17:00

某大臣の発言については、各所から批判が集中しています。彼は一応その発言を取り消し陳謝したということですが、誰に対し如何にして謝るかということがポイントです。こういうタイミングでああいう発言をしたのですから、当然その発言を受け非常に憤慨する人達に先ずは謝るのが筋でしょう。
その上で謝り方でありますが、「趣旨を十分に伝えられず反省しております」では全く駄目です。「自分が間違えていました。申し訳ございませんでした」と自分の浅慮と短慮をシンプルに謝るのがベストだと私は思います。
とは言っても、謝れば済む話ではありません。『論語』に、「過ちて改めざる、是(こ)れを過ちと謂(い)う」(衛霊公第十五の三十)とか、「過てば則(すなわ)ち改むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ」(学而第一の八)とありますが、大臣である人間の発言ですから謝ったら全てが終わるというわけには行きません。
正に、「綸言(りんげん)汗の如し…皇帝が一旦発した言葉(綸言)は取り消したり訂正することができない」(『礼記』)であります。汗のように一度出たものは引っ込まないということです。
今回に限らず常々この大臣の発言を聞いていては、人物が未だ練れていないと思うことが多々ありました。昔から如何なる人物を良しとするかは、例えば中国明代の著名な思想家・呂新吾の書『呻吟語』に、「深沈厚重(しんちんこうじゅう)、是第一等資質」「磊落豪雄(らいらくごうゆう)、是第二等資質」「聡明才弁(そうめいさいべん)、是第三等資質」と順位付けられます。
つまりは、「磊落豪雄…明るく物事に動じない」「聡明才弁…非常に頭が良く弁が立つ」だけでは全く不十分で、「深沈厚重」な人でなければならないわけです。深く沈着で思慮深く、相手が温かい愛情に包まれるような厚みを有し、重みがあり安定感を持つ人物が第一等だということです。
某大臣に関して言えば、軽軽に喋り過ぎるという印象を私はずっと持っており、正に此の第三等に相当するよう思うことが幾度もありました。やはり大臣たる者、「君子、重からざれば則ち威あらず」(学而第一の八)といったで重厚な雰囲気を常に持ち、余り軽軽な発言をしないということを心掛けるべきでしょう。
某大臣は灘高・東大ということで大変優秀な学歴を誇っておられる方でありますが、ここから後「人物を磨くため修養を重ねられたらどうかなぁ」と長く生きてきた者としてのアドバイスです。




 

拙著『出光佐三の日本人にかえれ』(あさ出版/2013年)第三章の「働くこと――日本人と欧米人の違い」冒頭部につき、先月「子育ちを見守るもの」というブログで「とても感銘を受けた」として再掲されていました。本ブログでは該当箇所を含め、以下ご紹介致しておきます。
ちなみに、出光佐三と言っても今の若い人達の殆どは御存知ないかもしれませんが、出光さんは出光興産株式会社の創業者で、戦前・戦中・戦後と大変な偉業を成し遂げた我々が世界に誇るべき事業家です。
 
【「和」の精神と「権利」の思想】
 
人のやる気、モチベーションは、金銭だけでは上がりません。また、どんなに規則や罰則を設けて厳しく管理しても、それで人のモチベーションは下がることはあっても、上がることはありません。
モチベーションは基本的には外的に人に与えられるものではなく、結局本人が「やりたい」と思うことをやらす以外に上がることはないのです。会社としてすべきは、社員のやる気を引き出すように環境を整えることです。
また、出光さんは、人が集団生活をしていれば助け合うのが当然なように、働く上でも自然に助け合うことの大切さを説かれました。
そしてそれは人間の本来の姿でありながら、「権利」という思想がしみついている外国人にはできないことであるとおっしゃっています。
「和」の精神を持ち合わせる日本人だからこそできることだ、というお考えです。
このあたりの議論は、欧米人に聞かせればどう反応するかなと私としては若干案じながら、出光さんのご意見を拝読しました。私は西欧の権利思想や個人主義というものは、その民族性に由来するもので、よいとか悪いといった形で評価すべきものでないと考えています。
あまりの日本人礼讃は一種の偏見とも言えるものであり、日本人が世界的使命を果たす上で障害とも成り得るのです。この節の私の解説箇所では、少し詳しく私の考えを記しておきます。まず、出光さんのお考えを見てみましょう。
 
≪人間の真に働く姿が出光くらい表れているところはない。そしてこの出光のあり方は日本のみでなく世界に表れている。出光は世界的になっているということだ。
たとえば、こういうことがあった。ある大学教授がハーバード大学に行っていたが、いろいろ研究してみて、アメリカの経営は行き詰まっている、アメリカは給料を上げたり地位を与えたり組織をつくったり管理を厳密にしたりして、いわゆる金や組織や管理によって能率を上げることをしてきたが、そのやり方はもう行き詰まったという結論になったらしい。
そこへ偶然、僕の書いた『人間尊重五十年』という本を読んで「これがアメリカの経営の行き詰まりに解決を与えるものである」と感じ、帰国して、僕のところへ来て、いろいろ出光のあり方を聞いてきた。そして「アメリカの探しているものは、これですよ」と言った。
日本の二〇社ぐらいの大会社の社長クラスの人がアメリカへ経営の研究に行ったとき、帰国後の報告によると「アメリカの経営は行き詰まっている。そして今では、従業員が自発的に能率を上げる以外には、能率を上げる方法はないということをアメリカの経営者や経営学者が言い出した」そうだ。
従業員が自発的に能率を上げる、これはまさしく出光のあり方である。出光では社員は独立して働いているので、各々が自発的に能率を上げなければいけない。給料を上げたり、地位を与えたり、組織をつくったり、管理を厳格にしたりすることでは、能率は上がらない。
世界はそういうものを度外視して、従業員が自発的に能率を上げる以外にはないと言い出している。個人主義で自分だけよければいいと言っている外国人に、そんなことができるだろうか。できはしない。これは日本人であるがゆえに、出光みたいにすることができるのだ。≫
 
【易学の二元論で考える】
 
日本人と欧米人の仕事観につながる東西文化の違いを理解する上で、中国古典、とりわけ易学の二元論、すなわち陰陽相対原理を用いると理解しやすいと思います。
西洋文化は極めて陽的な文化です。「知の働き」は陽の原理に、「情の働き」は陰の原理に即していると考えられています。
ですから西洋文化は理知的で、才能本位で、功利的です。これに対して東洋文化は情意的であり、徳操(常に道徳を守る堅い節操)的であり、はるかに内面的精神的な特徴を有しています。こうしたことは、東西両文化の諸相を対比してみると明らかです。
そもそも陽原理の働きは、分化発現の働きでありますから、その特徴に従って西洋民族性はどうしても個人主義的、主我的になります。そこで精神の当然の発展として権利観念、平等観念というものが生じます。また正しく発展すると各人各個の自覚が明瞭になります。
ですからこの原理は時として排他主義や無秩序破壊につながるのです。たとえば、労資の対立です。労働者は労働者としての自覚を持ち、協同で労働組合を組織化します。そして経営側と相対して労働条件について交渉し、決裂すればストライキやサボタージュといった行動に出るわけです。
 
では東洋民族性はどうかというと陰原理を本領としていますから、分化発現したものを結んで内に貯えていく統一含蓄する働きの作用を受けます。少しでもこれを摂理する根源の大生命に帰一して生きようとするといった面が出て、きわめて没我的な様相を呈します。
先ほどの例では、日本では労働組合も企業別組合というのが主流です。要はほとんどの組合がいわゆる御用組合で、労働争議などめったに起こらないのです。経営側も労働者側も会社のため一筋に没我的に働きます。
このような東洋民族性の没我的な傾向は、東洋の中にあっても、とりわけ日本精神にあって最も純一無雑なものとして結実していると思います。「己を忘れ、己を投げうって、ある偉大なるものを奉じ、これに生きてゆこう」とするのが、東洋精神文化が日本で純化した結果として生まれてきたのです。
易学の陰陽二元論は上記したように他との関係・比較の上で成り立つ相対的原理です。男女の場合は、男が陽、女が陰ですが、この両性が一つになって家庭ができ、子孫ができ、という具合に人類の存続、繁栄に導かれるのです。
陰陽はどちらが優れているというのではなく、陰陽が一になり初めて「全(まった)き(完全で欠けたところのないこと)」が得られます。
東西文化についても同じで、相手が有する陰・陽の特性が融合されて「全き」が得られ、いっそうの飛躍に向けて人類は進むことができるのです。
二十世紀は西洋文明偏重でした。二十一世紀は、東西融合の世紀にしたいものです。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.