北尾吉孝日記


『企業家倶楽部』2017年4月号に、「企業の成長を阻害する5つの要因/API コンサルタンツ社長 松本 洋」という記事があり、筆者は次の5つ、「認識の欠如」「行動の欠如」「知識の欠如」「仕組みの欠如」「あきらめの支配」を挙げられていました。
嘗て私は当ブログで、『「三無」の先に成功なし』(15年3月16日)と述べたことがあります。それは、第一に知識が無いということ、第二に言葉だけで勇気を持った実行力が無いということ、最後に戦略が無いということ、です。冒頭の記事と此の「三無」との対比で言いますと、「知識の欠如」及び「行動の欠如」は共通の要因として挙げられます。
他方で「認識の欠如」「仕組みの欠如」「あきらめの支配」は「三無」には少なくとも言葉としては含まれていないわけですが、先ずは知識を持つ中で自然と認識は醸成されてくるものですから、敢えて「認識の欠如」を取り上げて言う必要はないと私は思います。
知識があるからこそ色々な問題が判断できるのであって、知識が無ければ戦略を策定するところまで行かず、知識を発展させ実行力を伴う見識を持つこと即ち知識を胆識に高めることも出来ず、故に企業が成長することはないでしょう。
知識を持つということは単に専門的なそれだけでなしに、物事の判断をより正確にするための広い範囲の教養を含めた一つの体系(…個々別々の認識を一定の原理に従って論理的に組織した知識の全体)を持つことを意味します。
そして更にはそれを見識にまで高めて直観力を養って行くということで、認識対象が何かにも拠りますが上記を総合すれば、「知識の欠如」と「認識の欠如」は一体化して考えるべきではないかと思います。
また残りの非共通要因、「仕組みの欠如」及び「あきらめの支配」に関しては、何をか言わんやの世界でしょう。『孫子』に「彼を知り己を知れば百戦危うからず」とあるように、きちっとした戦略が立てられれば仕組みが欠如することも、あきらめが支配することもなく、初めから負け戦に足を踏み入れるようなことにもならないわけです。
十分な戦略を立てずして物事をやろうとするがため、物事を失敗に導くそうした問題等が生じてくるのでしょうし、結局勝負をすれば負けが濃厚になって行くのです。従って企業成長の阻害要因を考えるに、基本的には「知識の欠如」「実行力の欠如」「戦略の欠如」という「三無」が最も大事だと私は考えています。




 

『立派な商人になる?』

2017年4月18日 20:45

新渡戸稲造博士曰く、「商人が商人として立派になろうとするには、人として立派なことをすることを世渡りの方針にしなければいけない」とのことであります。
1900年の刊行当時大反響を呼び、今日でも約30カ国語に訳されている世界的ベストセラー、『武士道』の著者に反論するのは非常に恐れ多いこととは思いますが、之には率直に申し上げて私には異論があります。
一商人が立派か否かと判断する時に、それは人間として以外に有り得ません。職業の別や貴賤富貴の別といった類は、人間的な立派さとは関係ありません。
昔で言えば之は、大人(たいじん:徳の高いりっぱな人。度量のある人)として思えるかどうかという話であって、世俗的成功とは全くの無関係です。
人の立派さとは、社会的なアチーブメントは兎も角その人が出来る範囲での、社会に良いこと・人に良いことに対する一生懸命な努力・献身的な姿、等で示されるものです。
そもそもが「商人として立派になろうとする」ために、「人として立派なことをする」とは本末を誤った考え方と言えましょう。
人間として立派かどうかが、立派な商人の大前提です。人間として立派な人は当然、商人として立派になるはずなのです。




 

YouTubeでも「民進党・長島昭久衆院議員が離党の意向で記者会見(2017年4月10日)」が閲覧できますが、長島さんは本日「真の保守」を目指されて遂に「独立宣言」されました。
私は以前より長島さんに御会いする度、離党を勧めてきたのですが、今回いよいよ現実化したということで非常に良かったと思います。彼の論考は常に極めて傾聴に値するものであり、民進党に置いておくには勿体ない議員の一人だと思います。
そういう意味では、前原誠司さんや細野豪志さん、笠浩史さんも早々に党を割られたらと思っています。あるいは玄葉光一郎さんや原口一博さん、馬淵澄夫さんといった方々についても同じです。
彼ら皆で力を合わせて一刻も早く新党を立ち上げるか、もしくは自民党の下村博文さんが折角「長島昭久氏ウエルカム」と入党を促しているわけで、長島さんは自民党に合流するのも一つ良い選択肢ではないかと思います。
政治家というのは、やはり政権をとって初めてその能力や手腕が発揮できるのであって、負け犬の遠吠えの如き類を地盤沈下の政党でやり続けていても仕方がないでしょう。
あの「二重国籍問題」を抱える蓮舫氏のような品性下劣な人間を党首と仰ぎ、そしてまたそれを「民主党衰退の張本人」の野田佳彦氏がサポートする政党などに長居は無用でしょう。
共産党と手を組むとは、常識外れも良いところです。民進党は終始一貫筋の通らぬダメ政党で、政権政党たり得ないとの共通認識が今後更に醸成されて行くでしょう。上記の通り民進党の中に居られる有能な人達は、長島さんに続くべきだと思います。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.