北尾吉孝日記

好きな料理

2007年5月4日 13:27
この記事をシェアする

「北尾さんのお好きな料理、レストランについてお聞かせ下さい」
イートレ長者村を通じてこのようなメッセージが届きました(笑)

僕は本当に食道楽なので、世界中47カ国を旅して「美味しい」という話を聞けば、出来る限り時間を割いてでもそのレストランに行きました。
そしてそのお店で一番の名物料理を注文する、ということをやってきたのです。

ただ、嗜好というのは齢とともに変わっていきます。
若い時はどうしても脂っこい料理が好きでしたが(笑)、最近は健康のことも考えてそういう料理も控えめにしております。
現在「目標体重」というものを設定しているのですが、毎日体重計をチェックしておりますと自ずと脂っこいものを控えようという気持ちになってくるのです。
したがって最近は日本料理の良さを改めて再認識しています。
日本の平均寿命が世界でも1,2位を争うほどだというのは、まさに日本料理のお陰ではないかと思うくらい健康食だと思います。様々な料理と比べると、より一層そう思います。

日本料理の中の懐石料理では、僕はやはり京懐石が美味しいように思います。
京都は長い間栄えてきた古都ですが、その中でも日本ならではの食文化が非常に栄えており、今でも京野菜という京都独特の野菜までもがあるのです。
したがって僕は日本料理の源流が京都にあると思っています。
それから京都に似たような面影を残しているのは金沢を中心とした加賀料理ですね。
ここもまた加賀野菜があります。
懐石料理ではこの二つが特にお奨めです。

レストラン名を具体的に挙げるとしたら、やはり日本を代表するのは「吉兆」だと思います。
吉兆も色々ありますが、僕が特に好きなのはホテル西洋の吉兆ですね。
この料理長は非常に料理研究熱心で、古い伝統の中に常に新しいものを追い続けています。
それから京都では「俵屋」という旅館があります。
旅館ですので朝食・夜食がついていますが、僕はここの朝食も夜食も非常に気に入っています。特に、夜の懐石料理は非常に美味しいと思います。

他にも季節によって「これが美味しい」という一品料理は沢山ありますし、またそれぞれの地域で美味しいものが沢山あります。
日本料理は旬の食材をとても大事にしつつ美味しさを追求していくので、それによって食材が本当に美味しいタイミングで美味しくなってくるのです。
だから「旬」というのはそういう意味では素晴らしいものだと思います。
それぞれの季節、それぞれの地域で美味しいものが沢山あるのです。

高級店の名前を二つ挙げましたが、レストラン選びの基本はあくまでも安くて美味しいということで、高くて美味しいのは本来あたりまえです。
高くて不味い店は最悪です(笑)




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.