北尾吉孝日記

業績のトレンド

2007年5月10日 11:11
この記事をシェアする

僕が株を見る上でいつも大事に思うことは、業績のトレンドです。
トレンドとしてどうか、ということを必ず見るのです。
一時的な理由で収益が増大したり一時的な理由で収益が減少したりすることはよくあることですが、トレンドとして売上が伸びているかどうか、あるいはそういった一時的な理由を捨象して、実質的な要因だけを見てトレンドとして収益が伸びているかどうかを見極める、そういう方法でチェックや分析をしなければいけないと思っています。

例えば、何かの会社を買収する際ですが、僕はいつも会社の業績と実質利益がどうなっているか、それがトレンドとしてどうなっているか、そして今後どうなっていくのか、そういう目で会社を見るのです。
このような視点で見れば、このSBIグループのような業態の企業は四半期ごとのトレンドを見てもあまり意味がないと思います。
というのもベンチャーキャピタルは、どの四半期に保有株を売るのかによってキャピタルゲインが大きく発生したり、場合によってはロスが発生するからなのです。
そして、どの期で保有株を売るかということによってベンチャーキャピタルは、他の製品を売る場合と違って非常に大きな変動が該当の期によってあるもので、ずっと変わらずに伸びていくものではないのです。

他方、例えばSBIイー・トレード証券の場合は、トレンドとしてマーケットが回復してきたと思われるときには、明らかに収益的にも伸びていることがわかります。
そして売買高もトレンドとして伸びていると、これはもうマーケットの回復傾向がそして業績の回復がもう見えてきたな、という判断が出来るのです。
あるいはファイナンシャル・サービス事業のように、イー・コマース市場が日々進展していく中で毎日毎日伸びていく、という事業もある。

それぞれ事業の特性によってそのトレンドの見方もまた違ってきますね。
そういう中で事業の特性を踏まえた上で、業績のトレンドが総じて伸びている会社は遅かれ早かれ必ず株価がついてくるものだと僕は思っているのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.