北尾吉孝日記

コメントに対する回答①

2007年5月17日 15:03
この記事をシェアする

『「連中」という表現について』
連中という表現について言葉として良くないに思われている人がいるようですが、連中というのは決して悪い意味を持つ言葉ではないと私は理解しています。
日本古来の連中の意味、中国での連中の原義を調べてもらえればそのことはご理解いただけると思います。
コメントにもありましたが、歌舞伎では現在でも「連中」という言葉を使います。
しかし、現在そういった知識が薄れ「連中」が揶揄するような意味で用いられることが多いのであれば、今後は連中という言葉を使わないようにしようと思います。

『イーホームズとIRIについて』
「業績的には、いいことしか言わないのではなく、いいことしかなかった」
という発言について、「業績的に」ということを書いているのですが、イーホームズやIRIについて言及するコメントがありました。
「いいことしかなかった」と書きましたが、僕は業績のことしか書いておりませんので、ご理解いただければと思います。

しかし、折角ですのでイーホームズとIRIについて少々述べたいと思います。
イーホームズとIRIに投資をしようと決めたことについて、今から考えてみても僕はマイナスではなかったと思います。
まず、どちらについても実損が全くなかったことはご存知かと思います。
イーホームズについては当然国交省による免許の取消しの可能性を考慮したうえで、その場合には全ての契約が白紙に戻るようにしておりました。
そしてIRIの場合も同様に何かあれば全て白紙に戻るような契約にしていたのです。

さらにイーホームズの投資の件があったからこそ、SBIアーキクオリティという会社をつくることができたのです。
SBIアーキクオリティはイーホームズにかつて在籍していた19名を受け入れてつくった会社ですが、将来の事業として考えているホームエクイティローンやリバースモーゲージに様々な形で活用できると考えています。
この19名のうち、15名は1級建築士の資格を持っていますし、また他の資格も持っている人も大勢います。
そういう意味では僕は何一つ、間違いではなかったと考えているのです。

次にIRIについてですが、
僕自身もIRI の子会社であるIXIの事業を見て、どうして伸びるのかと疑問を持っていました。
しかし、IXIについて監査法人は過去においてもまったく問題がないとしておりましたし、買収時点において監査法人トーマツにチェックしてもらいました が、問題なしという回答が来ました。しかし、こちらで単独で調べておりましたところ、次の決算発表で問題が起こる可能性があると感じ、正式な経営統合は IXIの決算発表が終わってからということで合意していたのです。ただ僕自身は最初からIXIという会社はIRIグループの中でもSBIグループには必要 ないと考えておりましたし、もうIRIとIXIとは完全に分断されております。
そういう意味ではSBIグループが将来的にIRIグループと提携関係を持つということは、白紙に戻したといえ全面的に捨てたわけではないと言えます。
そして今後上場維持されるかどうかということを見ながら、慎重に考えていくということでいきたいと思います。
したがって、僕としては基本的にこの件についても間違いだったとは思っていないということです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.