北尾吉孝日記

コメントに対する回答②

2007年5月17日 15:05
この記事をシェアする

『SBIロボの渡部さんのプレゼンが動画配信されていない』
これはSBIグループの今後の戦略の根幹になる部分も含まれておりますので、敢えて配信しないようにしております。
本音を言いますと皆様方にも見ていただきたい気持ちはあります。
しかし、今回に関しては敢えて配信しなかったことをご理解いただきたいと思います。

『北尾さんは雑誌や講演に出すぎではないか、本を書きすぎではないか。そんなヒマがあったら経営してください。』
というメッセージがきておりました(笑)
僕は会社にいる間には、もちろん読書も本の執筆もしません。
その分、僕は一日の睡眠時間を4時間と決めていますので、
平日は仕事が終わってから、又は週末に読書や執筆活動をしているのです。
私の書物に対する印税についての話もでていますが、この今までの8冊の本において僕の書物に関する印税はすべて会社(SBIホールディングス)が受け取るということになっており、僕個人としては一銭も受け取っておりません。
今後も私がSBIホールディングスにいる限り、私自身としては印税を一銭も受け取るつもりはありません。

しかし、僕が執筆することにはもう一つ経営と関係のある理由があるのです。
今でこそ新入社員を入れておりますが、それまでは全てSBIグループとは異なる文化で育った中途採用の人達が入っていたのです。

僕はこうした中途採用の人達に、SBIグループの独自の企業文化を理解してもらうのに一番早い方法として僕の本を読んでもらうことにしたのです。
だから僕はいくつかの本の冒頭に
「一番読んでもらいたいのは当社の役職員です」
と書いているのです。

また、これまでこれらの本を読んで「この会社で働きたい」と思って入ってくれた社員もたくさんいるように、人材獲得と言う点でも執筆活動は役に立ってきたと思います。

さらに、今後は銀行や保険など消費者と直結した事業が増えていきますが、これらの本は役に立ってくれるのではないかと思います。
現に、先日致知出版より出させていただきました「何のために働くのか」はお陰様で8万部も売り上げたと聞いておりますし、
これによってSBIグループをより知ってもらうことが出来たのではないでしょうか。

また、僕の本は韓国語で4冊、中国語で4冊、そして英語でも1冊訳されて出版されており、海外でSBIグループを知ってもらうことに大きく役立っています。
先日天津に行った時に、僕の本を読んでくれている方がいらっしゃって、僕のこともSBIグループのことも知っていてくれたのです。

このように今後海外へと事業を拡大していく上で、外国語に訳された本は重要な役割を果たしてくれるのです。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.