北尾吉孝日記

この記事をシェアする

「長期投資と短期投資のどちらが良いのか」
長者村の皆様からリクエストの多いテーマですね(笑)

これにはまず、それぞれの金銭的な状況を考えなければいけません。
投資スタンスを決める上で大事なことは金銭的余裕があるのかどうか。
早く回収する必要があるのかどうか、ということです。
余裕がない方の場合は、少し上がったところで利確させたくなるでしょうし、あるいは少し下がったところで損切りしたくなるでしょう。
したがって、長期投資をしたくても金銭的余裕の問題から売らざるを得ないという方がいらっしゃるかと思います。
長期投資を考える場合には、金銭的な余裕がなければ厳しいと言えるでしょう。

次に考えるのは「変化」です。
日本はもちろんのこと世界中で起こる政治・経済上の様々な変化に、株価は日々影響されます。
この不確定要素となる大きな変化が多い時、または起こりそうな時、こういった場合には短期投資の方が好まれる傾向にありますし、その方が良いと言われることについては僕も理解しています。
他方、マクロ的に見て相場が安定しており、さらに相場に大きな影響を与えるような大きな変化が予測されないような場合には、長期で持つというスタンスの方も大勢いらっしゃいます。

したがって、短期か長期か考える場合には
・資金的余裕があるか
・経済情勢がマクロやセミマクロの視点からみて安定しているか
・事業内容や経営者を見て、企業の成長性があるか
を見て判断する必要があると思います。
判断の結果、長期で持つことの出来る株であった場合には、長期で持ったほうがパフォーマンスは高くなる可能性が高いと僕は考えています。
また、ある会社の事業や将来性に賭けるという意味で投資をする場合には、やはり長期投資にならざるを得ないと思います。

例えばウォーレン・バフェットの持ち方というのは決して短期で売り買いしているわけではありません。
彼が良いと思った会社、例えばジレットやコカ・コーラを本当に長期間持ち続けることによって、彼は投資を成功させたのです。
あるいはマイクロソフトのビル・ゲイツは、毎年決まった分だけ自分の持ち株を売却することにしていますが、基本的に長期で持ち続けたことによって最大の資産を作り上げたのです。
日本で言いますと、ソフトバンクの孫さんですね。
彼は日本一のお金持ちと言われていますが、彼もソフトバンクを売らずに持ち続けているからこそ日本一のお金持ちになっているのです。

僕自身も自分で見て「良い」と思った会社の株は売ろうとは考えません。
そこに夢があり、事業ビジョンが鮮明に描かれているのであれば、そして将来の成長の可能性について自分が自信を持っているのであれば、長期投資に越したことはないと考えているのです。

先日、アクサ・インベストメント・マネージャーズ社で最もパフォーマンスの良いファンドであるタレント・ファンドの運用者が僕に会いに来られましたが、このファンドは会社の数字はほとんどみないで経営者がどういう人物で、どんな経営哲学を持ち、どういうビジョンと戦略で経営しているかといったことだけで投資対象を決め大変良い運用成績をあげているのです。
もちろん長期的な投資です。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.