北尾吉孝日記

アブダビ出張と海外戦略②

2007年12月17日 8:32
この記事をシェアする

今回のアブダビ出張の帰りに韓国ソウルに行き、韓国のある企業のトップの方とお目にかかり、また色々と提携の話をさせていただきました。
先方も大変な興味を示してくださり、前向きに話を進めようということになりましたので、
現在も話を進めております。

そして今週にはロシアから大勢のお客様が来られたのですが、ロシアのある企業のCEOとすっかり意気投合をしてしまいました。
住んでいる国や環境が違っていても、これほどまで考え方が同じ人間がいるのかと思うくらい彼とは考え方が似ているのです。
彼は私の2倍以上あるのではないかと思うくらいの大男で、私もお酒は飲む方ですが彼は私の3倍くらいお酒を飲みました。
それだけ飲んで頭はしっかりしているのか心配になりますが(笑)
そして、もちろん意気投合の結果、これから本格的な提携関係について進めていこうということになりました。
彼からは1月中ロシアに来てくれと言われているのですが、1月のロシアの気温を見ますとあまりにも寒いので、それは少し敬遠したいとも考えたりします(笑)

このように世界中からお客様が来られるようになり、また私自身も世界中に行かないといけないという状況になっているのです。
しかし、海外に行きますとどうしても多くの時間を取られますので、帰国しますと溜まっている仕事の量にうんざりします(笑)
こうなりますと10分や15分刻みのアポイントが寸断なく次々と入ってくるというだけでなく、ランチやディナーまで全てアポイントが入るのです。
これでは運動もまったく出来ませんし、健康上はきわめて悪い状況になっています。
家に帰りますと、疲れ果てているために日課である読書さえも出来ておりません。
処理しないといけない仕事の量、考えないといけない案件の数、ほぼ限界に到達しつつあるかなと自分でも思うくらいです。

しかし、海外事業を大幅に拡大しようという今年度の計画は、ほぼ予定通りの形で進めることが出来ました。
そして来年度はいよいよ国内の金融生態系が完成するとともに、海外事業も投資事業を中心として本格化していくことになろうかと思います。
早急に海外事業をサポートする人材を広範囲に集める必要があり、即戦力となるような人材の面接もどんどん行っております。

今後のSBIグループに是非ともご期待ください。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.