北尾吉孝日記

この記事をシェアする

2月中旬に入り、いよいよ就職活動のシーズンです。

SBIグループでは新卒を30~50名くらい毎年コンスタントに採る予定です。

新卒の新入社員を採用し、一から教育していくということは、多少手間が掛かることではあるのですが、1999年にグループが創業してから長い間中途採用の社員を中心としてきたこの企業に、新しい企業文化を作る上で新卒採用は非常に重要です。

新卒採用を始めてから2年経ちますが、インターネットという文化に慣れ親しんだ優秀な人材が多く採れていますので、こういった新入社員を教育し、一つの企業文化を作り上げるための推進役にしたいと思います。

SBIグループの新卒採用では全て私が最終面接を行うのですが、私の場合、才能よりも人物を重視で採用するということが基本的方針となっています。

何故なら才能というものは、人によってそれほど大きく変わるものではないと考えているからです。

もちろん、世の中には特殊な才能を持つ方もいますが、通常一般の会社で働く上では、際立った才能を持っている事が必ずしも活かされるとは限りません。

次に重視することは「継続的に努力することが出来る人間であるかどうか」ということです。

「ウサギとカメ」にもありますように、才能があるからといって努力を怠っていますと
最終的にはカメに負けてしまいます。

ですから、謙虚な気持ちで継続的にずっと努力し続け、そして色々な人間から色々なことを吸収していける方が良いと思います。

また、SBI大学院大学が開校しますが、本校は文部科学省より卒業後の学位・称号としてMBAを付与することを前提として認可を得ていますので、卒業すればMBAを取得することが出来ます。

本校を優秀な成績で卒業し、起業したいという方がいれば、支援することも考えておりますし、SBIグループで働きたいという方であれば積極的に採用していこうと考えています。

本校はeラーニングでの授業が中心になっておりますので、働きながらでも勉強することが出来ます。

そして人間学に始まって経済学、経営学、企業論、さらには財務・会計についても学ぶことが出来ます。また、インターナショナルなフレイバーを加味すべく、他の大学のMBAコースと異なり欧米を中心とせず、中国やインドといったアジアやアラブの諸国からも講師を招きたいと考えています。年齢にかかわらず勉学への意欲をもち、人間力をつけたい様々な方に是非とも本大学院大学で勉強していただきたいと思います。

興味のある方は是非ホームページを御覧下さい。




 

(任意/公開)
(任意/非公開)

  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.