北尾吉孝日記

この記事をシェアする

夏の参院選において安倍総理は、自民・公明両党での過半数を何が何でも獲得すべく当然ながら様々な手を考えるでしょう。
そうした時に今私が、此の参院選に向けて安倍総理が何を狙うかと予見するに、ここから彼が点数稼ぎのために狙うのは外交であると見ています。
先月の日米首脳会談においては「TPP交渉参加に際し,一方的に全ての関税を撤廃することをあらかじめ約束することを求められるものではないことを確認」し、米国で一応の格好を付けてきた安倍総理は「4月末にはプーチン大統領に会うべく調整している」と自ら述べています(※1/※2)。
嘗て麻生副総理は『外相時代に4島全体の面積を2等分する「面積等分論」に言及したこと』がありますが、恐らく安倍総理の訪露の狙いも北方四島の内2島の返還でないかと思われ、残りの2島については交渉継続になると見ています(※3)。
唯、2島返還という形で「はい、はい」と機嫌を良くしているようなプーチン大統領ではないはずで、その返す刀で向こうが何を言ってくるのか考えてみるに、恐らくシベリアの天然ガスの開発協力とガスの購入を迫ってくるのではないかと思います。
即ち、シベリアのガス田開発に協力し天然ガスも日本が買うという見返りとして、ロシアは取り敢えず2島返還に応じ、後の2島については交渉継続になるのではないかと私は予見しています。
そうした条件で安倍総理が納得するか否かは分かりませんが、私であればそこにもう一つ乗っけようとするでしょう。
何を乗っけるのかと言えば、極寒の大地シベリアに高濃度放射性廃棄物の処理場を建設するということです。
あの3.11以後争点化された原発政策を巡る最大の問題点とは、単に核施設が活断層の上にあるから危険といった議論の前に、高濃度の放射性廃棄物に対する処理の仕方に関して具体的な結論を得るということです(※4)。
実際問題として日本国内であれば、どの都道府県も拒否反応を示し中々引き取り手がないというのが現況ですが、誰も住んでいない広大なシベリアの地下深くであったらば如何なものかということです(※5)。
当該提案に対してロシア側も強く反対する理由はないでしょうから、私が安倍氏のような立場であれば、そうして点数稼ぎを狙うことを考えます。
果たして総理は、そうした外交を展開するのでしょうか。

参考
※1:2013年2月26日北尾吉孝日記『「TPP共同声明」を受けて
※2:2013年3月1日読売新聞「首相、GWはロシアと中東諸国を歴訪へ
※3:2013年2月23日読売新聞『北方領土交渉 「仕切り直し」へ戦略練り直せ』
※4:2013年1月8日北尾吉孝日記『大転換の年に当たって
※5:2012年11月29日北尾吉孝日記『衆院選争点に対する私の考え方~原発、TPP、国防軍~




 

(任意/公開)
(任意/非公開)



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.