北尾吉孝日記


株式会社致知出版社から『強運をつくる干支の知恵[増補版]』というを上梓しました。来週月曜日23日より全国書店にて発売が開始されます。
私共SBIグループでは2000年から毎年1月の最初の出社日に年賀式を行うことにしています。そこで私は今年の年相ということで干支学をもとに30分程度話をしてきました。役職員の中には、うちのグループの総帥は占いが好きなんだとか今年の占いは当たるのかとそういった興味本位で聞いている者達もいると思います。筮竹などを用いた易占が干支を用いて普及したため、わけがわからず易占と混同しているのでしょう。しかし、本来干支学は易占と異なるものです。
干支(えと)の干は「幹」であり、根であります。支は「枝」を表象し、根から生じる枝葉花実です。植物生命の発生から順次変遷し、その終末に至るまでの過程を干は十段階、支は十二段階に約説し、これを組み合わせて六十の範疇にしたものです。ですから干支は植物生命の成長、発展、収縮する変化の過程を分類し、それぞれに対して説明を加えていったものになります。
このように元来、植物の生命の変化を表すのに利用されてきた干支が、次第に人間世界の様々な出来事や時勢の変化についての判断にも適用されてきたと推察されます。したがって、干支学というものは古代からの知恵が次第に集積されていったもので、歴史的、経験的、実証的な意義が深く、干支占いというようなものでは決してないのです。具体的に歴史上の事実に徴して調べてみても普遍的妥当性が見い出せることがわかります。
こんな思いで、毎年の年相を発表してきたのですが、数年前に干支学が学として成立する過程をもっと調べようと思いました。それはちょうど「易」の勉強をし始めた頃でもありました。『論語』の中にも「我に数年を加え、五十にして以て易を学べば、もって大過無かるべし」とあります。また「韋編三絶」という言葉があるように孔子は『易経』を綴じた革紐が何度も切れるぐらい繰り返し読んだと言われています。東洋哲学や人物学の碩学であられ、私が私淑する安岡正篤先生も「易」について次のように言われています。

【易を学ばなければ、自分自身どうなっていたか分からないことを折にふれて感ずることがある。ということは、物心ついてから私が遭遇した、体験してきた環境・時代・国家というものは、それこそ大いなる変易、グレート・チェンジの連続であった。中学時分から真剣になって民族興亡の歴史や哲学を学んで、私なりにいろいろの経論を研究した。しかしその抱負、経論、あるいは信念というものが、その後の昭和の歴史を通じてことごとく裏切られた。その時非常に役に立つのが中国の易の学問であった】

『易経』は殷代より漢代の初め頃まで千数百年にわたり、天地自然と人間世界の相関関係を、英知を尽くしてまとめあげた古代思想の精髄であります。干支学も易学も古代の中国人達の考え出した共通の思想・原理から成っています。ですから、古代中国人達の思索の過程を研究することで一度に両方を体系的に学ぶことが出来ると思い、先賢達の書を渉猟し始めました。そうした勉学により、私は干支学の発達の過程とその深さを改めて認識致しました。とりわけ東洋史観に関する諸書籍(主として高尾義政氏、鴇田正春氏の著作)にはそれまで得られなかった極めて合理的な説明がなされており、頭が整理されました。本文でも随所で引用したいと考えています。
本書では、干支の原点に遡って由来を述べるとともに、干支の意義を論じ、過去2002年から2019年までの各年のSBIグループ年賀式で干支による年相として私が発表した年相を御紹介したいと思います。そうすれば読者の皆様も干支の本来の機能を理解し大いに活用出来るのではと思います。




 

『度量というもの』

2019年12月13日 15:00

嘗て私は「今日の安岡正篤(534)」として、次のようにツイートしました--“あの人は度量が大きい”と申します。これは知識・器(うつわ)の勝れていることであります。一般に広く通用しているものでは「器量」という語。人間が精神的に発達するにつれて次第に器ができ、その器は物を入れること、計ることができます。量はますであります。また、長さ、進歩を表す意味の「度量」の度は物差しであります。そこで器にこの度をつけて「器度」、あるいは量をつけて「器量」などと言います。
此の器量とか度量とかいうものは、例えばひと月前のブログ『小泉進次郎環境相に思う』でも挙げた佐藤一斎の『重職心得箇条』に、「度量の大たること肝要なり。人を任用できぬが故に多事となる」(第八条)、及び「人を容るる気象と物を蓄る器量こそが大臣の体なり」(第十一条)と書かれています。中国明代の著名な思想家・呂新吾(りょしんご)が『呻吟語』で論ずるように、第一等の大臣というのは「寛厚深沈(かんこうしんちん)、遠識兼照(えんしきけんしょう)…度量広く落ち着いて、遠大な見識をもってあらゆるものを照らして行く」のです。
では、如何なるやり方で此の度量を大きくして行けば良いのでしょうか。私が考えるに一つには先ず、自分が度量が大きいと思う人を見出すことだと思います。そして、その人に比して自分自身はどういう点で度量が小さいか又どうすればその足りないものを埋めて行くことが出来るか等々考えて、その人に一歩でも二歩でも近付くべく常日頃から自分で自分の資質を磨く努力を怠らないことでしょう。
また、その人の謦咳に接することが叶わぬ場合は特に、例えば歴史上偉人と称せられる人物の自叙伝や伝記を沢山読み込んで様々な教えを学び、それを知行合一的な修養を積んで血肉化して行くということが極めて大事だと思います。陽明学の祖・王陽明の言葉通り「知は行の始めなり。行は知の成るなり」で、そういう努力がずっと積み重なる中で自然と度量とか器量とかいうものが身に付き、自分もある程度の人物になって行くのです。
「自分を育てるものは結局自分である」と、明治から昭和の国語教育者・芦田惠之助先生も言われるように、自分を築くのは自分しかないわけで、本人が不断に努力し続けることが全てであります。そして自分を築くべく自分は何を為すべきかを見出す過程で、偉大なる人の生き様や思想等に学び、それが「真似ぶ」になり知行合一的に自分自身も感化されて行く、ということだろうと思います。
最後に本ブログの締めとして、私の社長室隣接の会議室に飾ってある『易経』の言葉、「天行健なり。君子は以って自彊して息(や)まず。地勢坤なり。君子は以って厚徳載物」を御紹介しておきます--太陽は一日も休むことなく動いている。それと同じように君子たるものは一日も休むことなく、努力し続けないといけません。この母なる大地はあらゆる生きとしいけるものをはぐくみ育てている。それと同じように君子は大きな度量を持って、全てのものを受け入れないといけません。




 

『先を読む』

2019年12月9日 15:00

大事なのは予測能力。「読み」である。私に言わせると、「読み」は ①見る ②知る ③疑う ④決める ⑤謀る の五つの段階から成り立っている。この能力を身につけられるかどうかは、「他人よりいかに多く感じる力に優れているか」にかかっている--之は、ふた月程前にリツイートした「野村克也 名言集」(@NomuraBOT)よりの言葉です。
後段の「他人よりいかに多く感じる力に優れているか」は、「あらゆる本を読み、さまざまな人の話を聴きに行く」ことで磨かれるとは、正に言われる通りだと私も思います。本ブログでは以下、野村さんが五段階を想定されている「読み」に関し、私なりの手法を簡潔に申し上げて行きたいと思います。
先ず、先を読むべくは勿論、現況を把握するということが一つなくてはなりません。此の現実の状況把握とは、見る・知る・聞くといったことで成されます。そして次段階としては、その現状に何らかの問題がある場合、その原因を多面的かつ根本的に突き詰めて行き、結果その問題が将来どういうふうに発展して行く可能性があるかを見極めねばなりません。
あるいは逆に、その現状が非常に良好な場合、どのような方法でそれを維持・発展させて行くかを考えます。同時にまた、a.その現状を崩し得ることが起こり得るのか、b.起こり得るとしたら如何なることがあり得るのか、c.それらは何時ごろ何を契機に起こる可能性があるのか、等々そういった諸々の事柄を更に考えて行くのです。
何れにせよ、現実の状況把握から出発して得られる様々な知見を利用して先を読んで行くわけですが、その時私は取り分け次の3点に思いを致すようにしています。
第一に、物事の発展の仕方には、ある種の法則が働くケースが数多あるということです。例えばヘーゲルの弁証法に見られる通り、物事は螺旋階段上に進むのではないかと捉え、当該法則が当て嵌まるか否かを考えます。即ち、飛脚が郵便に、競り市がネットオークションに、幌馬車が電車等々に発展したといった端的な例が示すように、横から見た時に上に向かってちゃんと進歩して行っているという反面、昔から人間が欲していた役割・サービスが動力化・ネット化されたりするだけで、上から見たら不動の如き世界がそこにあるからです。
第二に、『論語』に「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」(為政第二の十一)という有名な一節がありますが、未来を予測する場合は時空を超え、温故知新が必ず参考になるということです。例えば私は年始の恒例で、年賀式に於いてその年の干支(十二支と十干)から年相を占うことを自ら掲げ、毎年表明しています。之は、長きに亘る人類の統計データから得られた一種の周期性・法則性に基づく知見をベースに、未来を予測するといったやり方です。過去、現在の積み重ねの上に未来は構築されて行くわけで、どうしても歴史に学ばなければなりません。
第三に、これまではどちらかと言うと過去をベースにした先の読み方ですが、過去に全く起こっていない事柄も常に新たなものとして未来に起こり得るということです。庶民的に言えば、之は「まさかの坂」であります。時代が変われば今常識とされている事柄が非常識になったり、逆に嘗ての非常識が常識といった形で塗り替えられたりし得るのです。例えば古代・中世の宇宙観である地球中心説「天動説」という一つの常識に対し、「地動説」という非常識的な太陽中心説を主張したガリレオ・ガリレイが、「宗教裁判でその説を撤回させられたときに、つぶやいた」とされる言葉、「それでも地球は動いている」とは正にコペルニクス的転回でありました。我々は常時、一人の天才がある種の閃きにより新しい世界を創ることもあり得ると意識し、未来を予測して行かねばなりません。
以上、思いつくままに述べてきましたが、私の場合は大きく言って上記のような手法で先を読んで行くということではないかと思います。




 
  • 小
  • 中
  • 大



Copyright © SBI Holdings, inc. All rights reserved.